· 

中学歴史:昭和時代①戦前/穴うめ(ざっくり)

解説チェック

空らんを正しくうめましょう。答えは1つ1つの見出しのすぐ下にあります。


1.深刻な不況

1929年10月、アメリカニューヨーク市場で株価が暴落し、深刻な不況が世界へ広がった。これを( 1 )という。(1)への対応として、( 2 )( 3 )を行った。これは、政府が大規模な公共事業を積極的におこし、失業者に職を与えるという政策であった。 

一方、多くの植民地をもつ( 4 )( 5 )は、( 6 )を実施した。これは本国と植民地との間の貿易を拡大して経済圏をつくり、外国に対しては高い関税をかけるという政策であった。

社会主義国( 7 )は計画経済を実施していたため、(1)の影響を受けなかった。


の答え

1 世界恐慌

2 アメリカ

3 ニューディール政策

イギリス

5 フランス

※4・5は順不同

6 ブロック経済

ソ連


2.軍部の台頭

1931年、関東軍は南満州鉄道の爆破事件を起こし、軍事行動を開始した。これを( 8 )という。さらに関東軍は満州を中国から切りはなし、( 9 )の建国を宣言した。 

日本は当初、(9)の承認に消極的であった。そんななか、1932年に( 10 )首相が海軍の青年将校によって暗殺された。この事件を( 11 )という。これにより1924年から続いた政党内閣の時代も終わり、軍部が発言力を強めていった。1933年には国際連盟を脱退し、日本は国際的な孤立を深めていった。 

1936年、今度は陸軍の青年将校が首相官邸や警視庁などをおそう( 12 )が起こった。この結果、軍部の政治的な発言力が拡大した。 


2の答え

8 満州事変

9 満州国

10 犬養毅

11 五・一五事件

12 二・二六事件


3.戦時体制の強化と戦争

1937年、( 13 )が始まった。この戦争は長期戦となった。

 

・戦時体制の強化

1938年に( 14 )の制定、1940年に( 15 )の結成など、日本国民が戦争に協力させられる体制が強化された。食料不足に備えて、米の配給制もこのころ開始された。 

 

・世界大戦

1939年、( 16 )ポーランドに侵攻すると、イギリスフランス(16)に宣戦布告した。こうして、( 17 )が始まった。

1940年、日本は(16)( 18 )の2か国と( 19 )を結んだ。 1941年4月には、ソ連との間で( 20 )条約に調印した。

 

1941年12月、日本がハワイ( 21 )を攻撃し、( 22 )との戦争を始めた。この戦争を( 23 )という。このときの日本の首相は( 24 )であった。

 

・第二次世界大戦の終結

1943年に(18)が、1945年5月には(16)が降伏した。

 

1945年7月には、(22)などが日本に降伏を要求する( 25 )を発表したが、日本は当初これを無視した。すると、アメリカ原子爆弾原爆)を8月6日に広島、9日に長崎に投下した。さらに8月8日には、ソ連日ソ中立条約を破って対日参戦した。ついに日本は(25)を受け入れ無条件降伏することを決定し、8月15日昭和天皇ラジオ放送玉音放送)を通して、国民に終戦を知らせた。こうして、多くの犠牲者を出した第二次世界大戦は終わった。


3の答え

13 日中戦争

14 国家総動員法

15 大政翼賛会

16 ドイツ

17 第二次世界大戦

18 イタリア

19 日独伊三国同盟

20 日ソ中立条約

21 真珠湾

22 アメリカ

23 太平洋戦争

24 東条英機

25 ポツダム宣言