· 

中学歴史:鎌倉時代②/穴うめ(ざっくり)

解説チェック

空らんを正しくうめましょう。答えは1つ1つの見出しのすぐ下にあります。


1.鎌倉文化

・建築では、( 1 )が有名。この門の左右には、2体の( 2 )が安置されている。

・和歌集では、藤原定家らによって( 3 )」が編集された。 

・軍記物では、源平の争乱や、平氏の繁栄・没落をえがいた( 4 )」があり、琵琶法師によって各地で語り伝えられた。 

・随筆では、鎌倉時代の初めに( 5 )が書いた( 6 )」、鎌倉時代の後期に( 7 )が書いた( 8 )」があった。


1の答え

東大寺南大門

2 金剛力士像

3 新古今和歌集

4 平家物語

5 鴨長明

6 方丈記

7 兼好法師(吉田兼好)

8 徒然草


2.鎌倉時代の新しい仏教

鎌倉時代には、新しい仏教も広まった。

( 9 )は「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば救われることを説き、( 10 )を開いた。

(9)の弟子でもあった親鸞は、悪人こそ救われると説き、( 11 )を開いた。

一遍は、集団で踊りながら念仏を唱える踊念仏によって布教を展開し、( 12 )を開いた。

 

日蓮は法華経の題目「南無妙法蓮華経」を唱えることを説き、日蓮宗を開いた。

 

・座禅によって自分で悟りを開こうとする宗派を( 13 )という。(13)には、栄西の伝えた臨済宗と、道元による曹洞宗があった。


2の答え

法然

10 浄土宗

11 浄土真宗(一向宗)

12 時宗

13 禅宗


3.蒙古襲来

チンギス・ハンの孫の1人であった( 14 )は、国号を( 15 )とし、日本に対して服属を求めてきた。鎌倉幕府の8代執権( 16 )が服属要求を拒否すると、(15)は大軍を率いて2度にわたって日本をおそった。これを蒙古襲来、または( 17 )という。

1274年の1度目の戦いでは、一騎打ちで戦う日本の御家人は、元の( 18 )火薬を用いた武器に苦戦した。しかし、元軍は暴風雨によって元軍は引き上げた。

 

その後も、鎌倉幕府は元による服属要求も無視し続けた。こうして、1281年に2度目の戦いが始まった。このときは、事前に幕府が海岸に築かせていた石塁防塁)の効果もあり、元軍は上陸することができず、またも暴風雨が発生し、元軍は大きな被害を受け、引き上げた。


3の答え

14 フビライ・ハン

15

16 北条時宗

17 元寇

18 集団戦法


4.鎌倉幕府の衰退と滅亡

鎌倉時代の後半、御家人の生活は苦しくなっていった。その理由は、分割相続により御家人の領地が小さくなっていったことと、元寇での戦いに対する恩賞が不十分であったことが挙げられる。そのため、御家人は幕府に対して不満をもつようになった。

幕府は、御家人を助けるために、1297年に借金の帳消しなどをおもな内容とする( 19 )を出した。しかし、かえって経済が混乱し、幕府への不満がますます高まる結果となった。

また、幕府に従わない( 20 )とよばれる新興の武士なども出現するようになった。 

 

このような状況のなか、( 21 )が政治の実権を朝廷に取りもどそうとして、幕府をたおす計画を立てた。これに有力御家人の( 22 )らも協力し、鎌倉幕府は1333年にほろんだ。


4の答え

19 徳政(永仁の徳政令)

20 悪党

21 後醍醐天皇

22 足利尊氏