· 

中学歴史:平安時代①/穴うめ(ざっくり)

解説チェック

空らんを正しくうめましょう。答えは1つ1つの見出しのすぐ下にあります。


1.平安時代の始まり

平安時代は、794年( 1 )天皇( 2 )に都を移したことで始まった。

当時の朝廷の政策の1つに、東北地方の蝦夷とよばれた人々を従わせることがあった。(1)天皇は、( 3 )征夷大将軍に任命して東北地方に大軍を送り、蝦夷の指導者( 4 )を降伏させることに成功した。


1の答え

1 桓武天皇

2 平安京

坂上田村麻呂

4 アテルイ阿弖流為 


2.仏教の新しい宗派

平安時代の初めには、仏教の新しい宗派も伝えられた。( 5 )( 6 )を伝え、高野山金剛峯寺を建立した。一方、( 7 )( 8 )を伝え、叡山延暦寺を建立した。


2の答え

空海

真言宗

7 最澄

天台宗


3.外交の変化、地方のようす

飛鳥時代の630年から唐に送られていた( 9 )は、菅原道真の提案により、894年に派遣の停止が決定された。

 

平安時代には、地方から武士が出現した。やがて武士は力をつけ、子分を従えて大きな集団となっていった。さらに10世紀の前半には、武士の反乱も起こった。関東地方で反乱を起こしたのが( 10 )で、瀬戸内海周辺で反乱を起こしたのが( 11 )である。朝廷は、この反乱をおさえることができず、最終的には同じ武士の力を借りて、どうにかしずめることができた。


3の答え

9 遣唐使

10 平将門

11 藤原純友


4.藤原氏の政治

平安時代の前半からなかばにかけて、都(中央)では藤原氏が台頭した。藤原氏は、自分の娘を天皇のきさき(后)にし、生まれた子を次の天皇にすることで、勢力をのばした。また藤原氏は、天皇が幼いときには( 12 )として、さらに天皇が成長してからは( 13 )として、政治の実権をにぎった。このような政治を( 14 )という。

摂関政治の全盛期は、11世紀初めに(12)になった( 15 )と、その子( 16 )のときであった。 


4の答え

12 摂政

13 関白

14 摂関政治

15 藤原道長

16 藤原頼通