· 

中学歴史:江戸時代①/穴うめ(ざっくり)

解説チェック

空らんを正しくうめましょう。答えは1つ1つの見出しのすぐ下にあります。


1.江戸幕府の成立

・幕府の成立

豊臣秀吉が亡くなったあと、1600年に( 1 )が起こり、東軍の( 2 )が西軍の石田三成に勝利した。(2)は1603年に征夷大将軍に任命され、( 3 )幕府を開いた。

 

・大名の統制

江戸幕府は1615年に( 4 )という法律を出し、全国の大名が勝手な行動をしないように取りしまった。

続く3代将軍( 5 )のときには、( 6 )が制度化された。これにより、全国の大名は1年おきに領地と江戸を往復することになった。また、大名の妻や子どもは人質として江戸に住むことも定められた。

 

・江戸時代初期の貿易

(2)は積極的に貿易をすすめ、( 7 )とよばれる海外渡航のための許可証を発行した。(7)を受け取った西日本の大名や商人たちは、東南アジアなどに( 8 )を送り貿易を行ったので、この貿易を( 8 )貿易という。この貿易により、東南アジア各地に( 9 )が形成された。


1の答え

1 関ヶ原の戦い

2 徳川家康

3 江戸幕府

4 武家諸法度

徳川家光

6 参勤交代

7 朱印状

8 朱印船貿易

9 日本町


2.鎖国政策

3代将軍(5)のときに、鎖国政策が進められた。その決定的なきっかけとなったのが、1637年におこった( 10 )であった。これは天草四郎益田時貞)を大将として九州で起こった大規模な一揆で、多くのキリシタンも参加していた。幕府はこの一揆をしずめた後、キリスト教徒を見つけるために( 11 )を強化した。

さらに1639年には、幕府は( 12 )の来航を禁止した。こうして鎖国が完成し、1850年代にペリーが来航するまで続いた。 

 

・鎖国下の対外関係

鎖国といっても日本が完全に閉ざされていたわけではなく、4つの窓口で一部の国や民族とだけ関係を持ち続けた。

長崎では、( 13 )( 14 )のみと貿易を行った。さらに扇形をした人工島の( 15 )がつくられ、(13)はここでのみ貿易を認められた。

 

対馬藩の宗氏は朝鮮との外交・貿易を担当した。朝鮮からは将軍の代がわりなどに、( 16 )が江戸を訪れた。

 

薩摩藩の島津氏17世紀初めに琉球王国を武力で征服して服属させた。琉球王国からは使節が来日した。

現在の北海道南部に位置する松前藩の松前氏は、アイヌ民族との交易を独占した。


2の答え

10 島原・天草一揆(島原の乱)

11 絵踏

12 ポルトガル

13 オランダ

14 中国()

15 出島

16 (朝鮮)通信使


3.産業・交通の発展

・農村と農業

江戸時代の農村では五人組( 17 )の制度がとられた。これは、5~6戸の農家を一組として、犯罪防止や年貢の納入に連帯責任を負わせた制度である。

幕府や各藩は年貢を増やそうとしてさかんに新田開発( 18 )をすすめ、耕地を拡大していった。

江戸時代には新しい農具も登場した。深くたがやすのに便利な備中ぐわ( 19 )や、脱穀を効率的に行える千歯こき( 20 )などがあった。

 

・陸上交通

陸上交通では、江戸を起点とする東海道( 21 )中山道など5つの街道が整備された。この5つの街道をまとめて五街道( 22 )とよぶ。(21)は江戸から太平洋側を通って、京都に至る道である。

 

三都( 23 )の発展

(23)とは、江戸( 24 )京都の3つの大きな都市のことである。特に(24)は商業が特にさかんで、「天下の台所」とよばれた。各藩は(24)蔵屋敷( 25 )を建て、年貢米や特産物を販売した。

 

・商業

商業では、同業の商人たちが結成した株仲間( 26 )が、営業を独占するようになった。


3の答え

17 五人組

18 新田開発

19 備中ぐわ

20 千歯こき

21 東海道

22 五街道

23 三都

24 大阪

25 蔵屋敷

26 株仲間