· 

中学公民:三権分立/穴うめ(ざっくり)

解説チェック

空らんを正しくうめましょう。答えは1つ1つの見出しのすぐ下にあります。


1.( 1 )

( 1 )とは、国の権力を3つに分散させ、それぞれ独立した機関に担わせるしくみのことで、フランスの( 2 )が提唱した。

具体的には、国会が( 3 )、内閣が( 4 )、裁判所が( 5 )を担当している。そして、この三権はたがいに抑制しあい、均衡を保っている。


1の答え

1 三権分立

2 モンテスキュー

立法権

4 行政権

5 司法権


2.三権の関係

・国会→内閣

( 6 )の指名( 7 )の決議が行われる。

 

・内閣→国会

( 8 )の解散の決定、国会に対する( 9 )がある。 

 

・国会→裁判所

判官の( 10 )がある(( 10 )の設置)

 

・裁判所→国会

法律の( 11 )を行う(( 11 )の行使)。

 

・内閣→裁判所

( 12 )の指名その他の裁判官の任命が行われる。

 

・裁判所→内閣

命令・規則・処分の違憲・違法審査が行われる。


2の答え

内閣総理大臣の指名

7 内閣不信任の決議

衆議院の解散

9 連帯責任

10 弾劾裁判

11 違憲審査(違憲立法審査)

12 最高裁判所長官の指名


3.国民と三権

主権者である国民も、国会・内閣・裁判所のそれぞれに対して権利を行使する。

・国会に対しては、( 13 )によって代表者(国会議員)を選出する。

・内閣に対しては、マスメディアなどを通じて( 14 )を届ける。

・裁判所に対しては、( 15 )によって最高裁判所の裁判官を辞めさせるかどうかを決定する。また、一般の国民が刑事裁判に参加する( 16 )もある。


3の答え 

13 選挙

14 世論

15 国民審査

16 裁判員制度