· 

中学公民:為替相場、国際経済、主権国家(穴うめ)

解説チェック

空らんを正しくうめましょう。答えは1つ1つの見出しのすぐ下にあります。


1.( 1 )と経済のグローバル化

ある国の通貨と別の国の通貨の交換比率のことを、( 1 )という。その比率は日々変動している。

 

・( 2 )

日本の円の価値が、外国通貨に対して高くなることを( 2 )という。例えば、1ドル=100円が1ドル=80円になった場合は(2)である。

 

(2)の場合、アメリカから見て日本製品は高くなり、日本から見てアメリカ製品は安くなるので、日本にとっては輸出が( 3 )になり、輸入が( 4 )になる。

34には「有利」「不利」のいずれかが入る。

 

・( 5 )

(2)とは反対に、円の価値が外国通貨に対して安くなることを( 5 )という。

 

(5)の場合、アメリカから見て日本製品は安くなり、日本から見てアメリカ製品は高くなるので、日本にとっては輸出が( 6 )になり、輸入が( 7 )になる。

67には「有利」「不利」のいずれかが入る。

 

世界の自由貿易の促進をめざす国際的な機関として、( 8 )がある。


1の答え

為替相場(為替レート)

円高

輸出が不利

4 輸入が有利

5 円安

6 輸出が有利

7 輸入が不利

WTO(世界貿易機関)


2.国際社会と国家

・( 9 )

一定の領土と国民を有し、他国の支配や干渉を受けない独立した国家を( 9 )という。

 

・領域

領域とは、国家の主権がおよぶ範囲のことで、( 10 )( 11 )( 12 )から構成される。

 

・( 13 )

国家間で取り決められた法のことを( 13 )という。(13)には大きく分けて、文章で示された( 14 )と、長年の慣習にもとづいて成立した国際慣習法がある。

 

・日本の領土の端

日本の最南端の沖ノ鳥島は護岸工事が行われ、水没を防いでいる。工事を行った理由は、島が水没してしまうと失われてしまう、広大な( 15 )を守るためである。


2・3の答え

主権国家

10 領土

11 領海

12 領空

※10~12は順不同

13 国際法

14 条約

15 (排他的)経済水域を守るため