· 

世界史:隋・唐(概略)

Ⅰ.隋:581~618年

1.文帝(楊堅)

・581年、北周を滅ぼし建国

・589年、南朝のを征服し、南北朝を統一

・土地制度:均田制

・税制:租庸調制

・兵制:府兵制

科挙の実施:学科試験による官吏任用制度

 ※魏以来の九品中正を廃止

 

2.煬帝

・大運河の完成:華北と江南を結ぶ

高句麗遠征に失敗

・反乱→滅亡

 

Ⅱ.唐:618~907年

1.建国と発展

①高祖(李淵:在位618~626年

・618年、隋を滅ぼし建国

 

太宗李世民:在位626~649年

・628年、中国統一の完成

律令体制の確立

貞観の治 

 

高宗:在位649~683年

・新羅と連合し、百済・高句麗を滅ぼす

・唐の領土が最大に

 

2.律令体制の整備

・隋の諸制度を継承

均田制租庸調制府兵制科挙

 

①中央官制

三省六部 

・御史台

 

②法典の整備

・律・令・格・式

 

③地方行政

羈縻政策:周辺異民族に対する間接統治策

※征服地に都護府を設置(6つ)

 

3.動揺・衰退

則天武后:在位690~705年

・中国唯一の女帝

を建国(唐を中断)

 

玄宗:在位712~756年

開元の治 

・均田制・租庸調制・府兵制の崩壊

募兵制を採用、節度使が辺境を防備

 

・晩年は楊貴妃を寵愛、その一族が実権を握る

←反発、安史の乱(755~763年)が起こる

 ※安禄山史思明 

 

③安史の乱後

ⅰ.藩鎮の出現

・有力な節度使が自立した勢力を築く

 

ⅱ.社会体制の変化

※律令体制の崩壊

・土地制度:荘園制

・税制:租庸調制にかわり両税法を導入

 

4.唐の滅亡

・875~884年、黄巣の乱

・907年、節度使の朱全忠により滅亡 


漢字の読み方

 

・隋:ずい

文帝:ぶんてい

・楊堅:ようけん

科挙:かきょ

煬帝:ようだい

 

・高祖:こうそ

李淵:りえん

太宗:たいそう

李世民:りせいみん

・貞観の治:じょうがんのち 

高宗:こうそう

・新羅:しんら(しらぎ)

・百済:ひゃくさい(くだら)

・高句麗:こうくり

 

三省六部:さんしょうりくぶ

・御史台:ぎょしだい

・律:りつ

・令:れい(りょう)

・格:かく(きゃく)

・式:しき

羈縻政策:きびせいさく

都護府:とごふ

 

則天武后:そくてんぶこう

・周:しゅう

玄宗:げんそう

・開元の治:かいげんのち

募兵制:ぼへいせい

節度使:せつどし

・楊貴妃:ようきひ

安史の乱:あんしのらん

安禄山:あんろくざん

・史思明:ししめい

藩鎮:はんちん

両税法:りょうぜいほう

 

黄巣の乱:こうそうのらん

・朱全忠:しゅぜんちゅう