· 

世界史:ポリスの成立~アテネ民主政への歩み(概略)

0.ギリシア文明概観

①年代

・前8世紀から前30年まで

 

②大まかな流れ

・ポリスの成立

→アテネ民主政(発展→ペルシア戦争→完成→崩壊)

→ヘレニズム時代

 

 

1.ポリスの成立

ポリス

・古代ギリシアの都市国家のこと

 ※前8世紀頃から、人々が集住して形成

・ギリシア各地に多数成立した

 ※そのうち、アテネスパルタが特に有名

 

②その他の用語

シノイキスモス集住のこと

アクロポリス城山。ポリスの中心にある丘

 ※神殿が建てられた

アゴラ…アクロポリスのふもとの広場

 

ヘレネス:自分たちギリシア人を指す言葉

 ※各ポリスは独立していたが、同じ民族としての意識を共有

バルバロイ:異民族のこと

植民市:黒海や地中海沿岸に移住して建設

 →独立したポリスとなる

 例)ネアポリス(現在のナポリ)など

 ※異民族を征服・支配する「植民地」とは異なる

 

 

2.アテネの民主化

①貴族政治

・原則:軍事を担う者が政治も担う

 →武器を購入できる豊かな貴族が政治を独占

 

②平民の台頭

・植民市との地中海貿易と貨幣の普及

 →平民も豊かになり、武器を購入

重装歩兵して平民が戦いに参加

 →平民も政治参加を要求

 

③ドラコンの成文法

・前7世紀、従来の慣習法を成文化

 ※ドラコンという人物

 

ソロンの改革

・前6世紀初め(前594年)に実施

 →失敗

 

⑤僭主政治

僭主…非合法に政権をうばった独裁者

 →貴族を追放し平民を保護。支持を集めた

 例)ペイシストラトス:前6世紀半ばのアテネの僭主

 

クレイステネスの改革

・前6世紀末の政治家

陶片追放オストラシズム)の実施

 →僭主の出現を防止するため。市民が投票 

 


漢字の読み方

 

・重装歩兵:じゅうそうほへい

僭主:せんしゅ

陶片追放:とうへんついほう