· 

世界史:宗教改革2-イギリス・反宗教改革(概略)

ポイント解説

イギリスの宗教改革は、国王ヘンリ8世の離婚問題という、ドイツやスイスの宗教的情熱とは異なる要因で始まりました。離婚ができないならカトリックをやめてしまえ、ということでイギリス国教会という新しい宗派を形成しました。旧教側も対抗宗教改革を行い、イエズス会が積極的に海外布教を展開し、ザビエルが日本に来日しました。


1.イギリスの宗教改革

ヘンリ8世 ※テューダー朝

ⅰ.離婚問題

・教皇は離婚を認めず、対立

 

ⅱ.国王至上法(首長法):1534年

イギリス国教会の成立

→イングランドの教会はカトリックから分離・独立し、国王に従属

 

②メアリ1世

・カトリックに復帰

・新教徒を弾圧

 

エリザベス1世

・1559年の統一法

イギリス国教会の確立

※イギリス独自の教会体制

 

2.対抗宗教改革(反宗教改革)

・カトリック教会(旧教側)の運動

イタリアスペインが中心

 

トリエント公会議:1545~63年

・教皇の至上権を再確認

・カトリックの教義を再確認

禁書目録の制定

 …所有・読書を禁じた書物・著者のリスト

宗教裁判の強化:思想統制

 

イエズス会(ジェズイット教団)

・1534年、イグナティウス=ロヨラ中心に結成

・積極的な海外布教

→1549年、フランシスコ=ザビエルは日本に布教

 

3.宗教戦争

16~17世紀、新旧両派の対立から発生

シュマルカルデン戦争:1546~47年

ユグノー戦争:1562~98年

オランダ独立戦争:1568~1609年

三十年戦争:1618~48年

 

「魔女狩り」:16~17世紀中心にみられた