· 

世界史:清①(概略)

ポイント解説

初代ヌルハチから6代乾隆帝までの時代(1616~1795年)を確認します。特に、4代の康煕帝から6代の乾隆帝までの130年余りの治世は、清の最盛期を築きました。


清(1616~1912)

1.ヌルハチ(太祖):在位1616~26年

女真(満州)諸部族を統一

・中国東北地方を支配

・独自の国家を建設し明に対抗

 

①建国:1616年

・国号を後金(アイシン)とする

 

八旗を編制

・軍事・行政組織

・全軍を8つの軍団()に分けた

 

③文字

満州文字を制定

 

2.ホンタイジ(太宗):在位1626~43年

①支配の拡大

ⅰ.チャハル

・内モンゴルを支配したモンゴル部族

・1635年、満州人の支配下に

 

ⅱ.朝鮮

・1637年制圧

 

②清の成立

・1636年、皇帝と称し、国号をに変更

※民族名を満州とする

 

3.順治帝:1643~61年

①明の滅亡と清の侵入

李自成が北京を占領、明滅亡

→清軍は山海関を突破、長城内へ

 ※山海関:万里の長城の東端の関所

 

・清軍が北京を占領、首都とする

 ※明の武将呉三桂が清に帰順し協力

 

②中国全土の平定

・1661年頃までにほぼ実現

 

4.康煕帝:在位1661~1722年

三藩の乱:1673~81年

・南方の3人の漢人武将(藩王)の反乱

 ※その1人が呉三桂

・1681年、鎮圧される

 →清の中国支配が確立

 

②台湾平定:1683年

・1661年、鄭成功(国姓爺)が台湾を占領

 →鄭氏台湾の成立(1661~83年)、清に抵抗

 ※鄭成功の父は鄭芝竜

・1683年、康煕帝の攻撃を受け清に帰順

 

③外交・対外政策

ⅰ.ネルチンスク条約:1689年

ロシア(ピョートル1世)と結ぶ

・満州方面の国境を画定

外興安嶺(アルグン川とスタノヴォイ山脈)を両国の国境とする

※中国初の対等な条約

 

ⅱ.典礼問題

・中国布教におけるカトリック会派間の対立

・1704年、イエズス会以外の布教を禁止

 

5.雍正帝:在位1722~35年

①キリスト教の布教を禁止

・1724年、全宣教師を国外追放

 

キャフタ条約:1727年

・ロシアと結ぶ

・西部国境(モンゴル地区)の画定など

 

軍機処の設置:1730年

・政務の最高機関

 

6.乾隆帝:在位1735~95年

①海上貿易

・1757年、ヨーロッパ船の来航を広州のみに制限

公行(特権商人団体)が貿易業務を独占

 

ジュンガルの制圧

オイラト系の部族

・1758年に滅ぼす

→東トルキスタン全域を占領し、新疆と称す

 ※新疆:新しい領土の意味

 

※清の領土は最大に

 →現在の中国の領土の原形


漢字の読み方

後金:こうきん

八旗:はっき

旗:き

・順治帝:じゅんちてい

李自成:りじせい

山海関:さんかいかん

呉三桂:ごさんけい

康煕帝:こうきてい

三藩の乱:さんぱんのらん

鄭成功:ていせいこう

・国姓爺:こくせんや

鄭芝竜:ていしりゅう

外興安嶺:そとこうあんれい

雍正帝:ようせいてい

軍機処:ぐんきしょ

乾隆帝:けんりゅうてい

広州:こうしゅう

 

公行:こうこう(コホン)

新疆:しんきょう