· 

世界史:ルネサンス(概略)

ポイント解説

ルネサンスはフランス語で「再生」を意味します。中世のキリスト教中心、神中心の生き方から、人間中心の生き方へ。古代ギリシア・ローマの文化にあふれていた人間性の再生でした。そんなルネサンスは、14世紀イタリアで始まりました(イタリア=ルネサンス)。しかし、大航海時代やイタリア戦争の影響によりイタリア=ルネサンスが衰退すると、ルネサンスの中心はアルプス以北に移りました(北方ルネッサンス)。


1.ルネサンス

①ルネサンスとは

・時期:14~16世紀

古代ギリシア・ローマの文化を模範とする文化運動

 ※フランス語で「再生」を意味する

・14世紀イタリアで始まる

→15世紀以降西欧各国へ

 

人文主義ヒューマニズム

・ルネサンスの基本理念

・人間の理性や尊厳を尊重

※中世のカトリック的禁欲主義から脱却

 

③ルネサンスの保護者

ⅰ.イタリア

フィレンツェメディチ家

 

ⅱ.イギリス、フランス、スペイン

・国王

 

※イタリア=ルネサンスの衰退

・大航海時代の影響イタリア諸都市の没落(貿易の中心が地中海から大西洋へ)

・イタリア戦争戦場となったイタリアの荒廃

→ルネサンスの中心はアルプス山脈以北へ移る(イギリス・フランス・スペイン・ネーデルラント)

 

2.文芸と美術

①イタリア=ルネサンス

ⅰ.文学その他

ダンテ神曲

※トスカナ語で著述

 ルネサンスの先駆

 

ボッカチオデカメロン

※近代小説の原型となる

 

マキャヴェリ君主論

※近代政治学の祖となる

 

ⅱ.美術その他

レオナルド=ダ=ヴィンチ

最後の晩餐」「モナ=リザ

※万能の天才

 

ミケランジェロ

ダヴィデ像」「最後の審判

 

ボッティチェリ

 

ヴィーナスの誕生

 

②北方ルネサンス

ⅰ.文学その他

エラスムス(ネーデルラント)

愚神礼賛

16世紀最大の人文主義者

 

モンテーニュ(フランス)

エセー(随想録)』

 

セルバンテス(スペイン)

ドン=キホーテ

 

トマス=モア(イギリス)

ユートピア

 

シェークスピア(イギリス)

ハムレット

 

ⅱ.自然科学

コペルニクス(ポーランド)

 地動説を主張

※教会は天動説を支持

 

ガリレイ地動説を実証

→宗教裁判で撤回

 

③ルネサンスの三大発明

羅針盤

火薬

鉄砲

※いずれも中国で発明

→イスラーム世界からヨーロッパへ伝わり、改良・実用化


漢字の読み方

新曲:しんきょく

最後の晩餐:さいごのばんさん

最後の審判:さいごのしんぱん

愚神礼賛:ぐしんらいさん

・随想録:ずいそうろく

羅針盤:らしんばん