· 

世界史:ムガル帝国(概略)

ポイント解説

ムガル帝国は、バーブルがその基礎を築き、3代目アクバルの時に最盛期を迎えました。文化面ではシャー=ジャハーンタージ=マハルが有名です。しかし、アウラングゼーブの時代になると、征服戦争に勝利して領土は最大をなりましたが、ヒンドゥー教徒との関係が悪化し、その治世末期には帝国の衰退が始まりました。


ムガル帝国:1526~1858年

1.建国と発展

バーブル:在位1526~30

ティムールの子孫

・1526年、パー二―パットの戦いロディー朝に勝利

 ※ロディー朝:デリー=スルタン朝最後の王朝

ムガル帝国を建国、初代皇帝になる

 

アクバル:在位1556~1605

・第3代皇帝

・帝国を実質的に確立。最盛期を築く

 

ⅰ.マンサブダール制

・全ての官僚に位階を与え、位階に応じて給与と保持すべき騎馬数を定めた

 

ⅱ.人頭税(ジズヤ)の廃止

・非イスラーム教徒に課されていた税を廃止

→ヒンドゥー教徒との融和が進む

 

シク教の成立:16世紀初頭

ナーナクが創始

・イスラーム教とヒンドゥー教を融合

 

2.インド=イスラーム文化の黄金時代

※インド固有の文化とイスラーム文化が融合

・第5代皇帝シャー=ジャハーン(在位1628~58)の時期

 →タージ=マハルの建設:妃の墓廟

 

細密画(ミニアチュール)

・イランから伝わる

 

②多言語

ⅰ.ペルシア語

・ムガル帝国の公用語

 

ⅱ.ヒンディー語

・現在のインドの公用語の1つ

 

ⅲ.ウルドゥ語

・現在のパキスタンの公用語

 

3.ムガル帝国の衰退

アウラングゼーブ:在位1658~1707

・第6代皇帝

・イスラーム教を深く信仰

・帝国の領土は最大になるが…

 

ⅰ.人頭税(ジズヤ)の復活

ⅱ.ヒンドゥー教寺院の破壊

→ヒンドゥー教徒の反発を招く

 

②ムガル帝国の衰退・解体

ラージプート諸侯の抵抗

 ※クシャトリア(戦士)階級のヒンドゥー勢力

シク教徒の反乱

・各地に独立政権が登場

 

4.その他の王国

ヴィジャヤナガル王国:1336~1649

・デカン高原中南部~インド南部を支配

・ヒンドゥー教国

 

マラーター王国:17世紀半ば~1818

・インド西部を支配

・ヒンドゥー教国


漢字の読み方

・墓廟:ぼびょう

 ※死者を祀る宗教施設