· 

世界史:明①(概略)

ポイント解説

南京を都に明を建国した洪武帝は、諸制度を整備し皇帝独裁の中央集権体制を確立しました。第3代皇帝の永楽帝は都を北京に移し、宦官を重用、外征では対外積極策に転じるなど、洪武帝の政策を転換しました。永楽帝の死後は再び対外消極策に転じ、また北虜南倭に悩まされました。


0.元の滅亡

紅巾の乱:1351~66年

朱元璋が台頭

 

②元の滅亡と明の建国

・朱元璋が南京で即位(洪武帝)、を建国

→元の勢力を敗走させ、中国全土を統一

 

1.洪武帝の統治:在位1368~98年

①諸制度の改革

ⅰ.中書省の廃止

・長官の丞相も廃止

 

ⅱ.六部

・中央の行政機関

→皇帝直属にした

 

ⅲ.法令

・明律:刑法

明令:民法・行政法

※唐の律・令にならって制定

 

ⅳ.科挙を整備

・朱子学の官学化

 

ⅴ.一世一元の制

・皇帝一代の間は1つの元号を使用

 

②農村支配

ⅰ.里甲制の実施

 

ⅱ.賦役黄冊

・租税台帳

 

ⅲ.魚鱗図冊

・土地台帳

 

ⅳ.六諭

・民衆教化のための6カ条の教訓

 

③軍制

ⅰ.衛所制の実施

 

ⅱ.対モンゴル防衛

洪武帝は息子らを諸王として北方の国境に配置

 

④海禁政策

・民間人の海上交易を禁止

朝貢貿易を推進

 ※政府が貿易を管理

 

2.永楽帝の即位

建文帝:在位1398~1402年

・第2代皇帝

・諸王の勢力削減策を推進

 

燕王の挙兵

北平(北京)を本拠とする諸王の1人

靖難の役(1399~1402年):建文帝の諸王抑圧に反発し反乱

→南京を占領し、永楽帝として即位

 

3.永楽帝の統治:在位1402~24年

①内政

・首都を北京に移す(北平を改称)

 

ⅰ.内閣大学士の設置

・皇帝を補佐

宰相の事実上の復活

 

ⅱ.宦官を重用

 

②外政

・対外積極策に転換

洪武帝は対外消極策だった

 

ⅰ.モンゴル遠征:1410~24年

・5回にわたりモンゴル高原へ遠征

・永楽帝みずから兵を率いた

 

ⅱ.南海諸国遠征:1405~33年

鄭和による7回の大航海

 ※鄭和:イスラーム教徒の宦官

・目的:朝貢貿易の促進

 

4.北虜南倭

・明の衰退の要因となった、南北からの侵入

 

①北虜

・モンゴル系部族の侵入

オイラトとタタール

 

ⅰ.オイラト(瓦剌)

エセン=ハン:オイラトの指導者

・15世紀半ば、全モンゴルを統一

・1449年、土木の変土木堡正統帝を捕虜に

 

ⅱ.タタール(韃靼)

・オイラトの衰退後、強大化

・1550年、アルタン=ハンが北京を包囲

※明は万里の長城を修築して対応

 

②南倭

倭寇の侵入

 ※海賊・私貿易の集団

 

ⅰ.前期倭寇

・14世紀を中心に活動

日本人を主体とする

 

ⅱ.後期倭寇

・16世紀中頃を中心に活動

中国人を主体とする

 ※明の海禁策に反発

 →明は海禁策をゆるめた


漢字の読み方

紅巾の乱:こうきんのらん

朱元璋:しゅげんしょう

洪武帝:こうぶてい

:ミン

中書省:ちゅうしょしょう

丞相:じょうしょう

六部:りくぶ

明律:ミンりつ

明令:ミンれい

一世一元の制:いっせいいちげんのせい

里甲制:りこうせい

賦役黄冊:ふえきこうさつ

魚鱗図冊:ぎょりんずさつ

六諭:りくゆ

衛所制:えいしょせい

建文帝:けんぶんてい

燕王:えんおう

・北平:ほくへい

北京:ペキン

靖難の役:せいなんのえき

永楽帝:えいらくてい

鄭和:ていわ

北虜南倭:ほくりょなんわ

瓦剌:ワラ

土木の変:どぼくのへん

・土木堡:どぼくほ

正統帝:せいとうてい

韃靼:だったん

倭寇:わこう