· 

世界史:中世のドイツ(概略)

ポイント解説

ドイツは当初こそ王権(帝権)が強かったものの、叙任権闘争の敗北やイタリア政策などにより、次第に弱体化していきました。フランスと異なり中央集権化は進まず、領邦の分立化が進みました。


0.東フランク王国のカロリング朝(843~911年)

・911年、カロリング家の血筋が途絶える

 

1.ザクセン朝(919~1024年)

オットー1世(在位936~973年)

・962年、ローマ教皇からローマ皇帝の帝冠を授けられる

神聖ローマ帝国(962~1806年)の成立

 

イタリア政策

・歴代の神聖ローマ皇帝はイタリアに介入

→国内分裂と皇帝権の弱体化を招く

 

2.ザリエル朝:1024~1125年

・叙任権闘争に敗北

・皇帝権の弱体化が進む

 

カノッサの屈辱:1077年

・皇帝ハインリヒ4世が教皇グレゴリウス7世に屈服

 

ヴォルムス協約:1122年

・教皇の聖職叙任権を事実上承認

 

3.シュタウフェン朝:1138~1208、1215~54年

・イタリア政策を強化(失敗)

ロンバルディア同盟の抵抗

 

①フリードリヒ1世(在位1155~90年)

・第3回十字軍に参加するが、溺死

 

フリードリヒ2世(在位1215~50年)

・第5回十字軍に参加

・一時的に聖地を回復

 

4.大空位時代:1256~1273年

・事実上の無皇帝時代

・皇帝権の弱体化が進む

 

5.ルクセンブルク朝:1346~1437年

金印勅書:1356年

カール4世が発布

・7選帝侯の皇帝選出権を承認

※7名の選帝侯の多数決で皇帝を選ぶ

 

コンスタンツ公会議:1414~1418年

・神聖ローマ皇帝の提唱で開催

・教会大分裂(大シスマ)の終結

・フスの火刑

 

③領邦の分立化

領邦…半自立の地方主権国家

 ※大諸侯の領地、自由都市など

 

6.ハプルブルク朝:1438~1806年

ハプスブルク家が帝位を世襲化

・神聖ローマ帝国の中央集権化は進まず

領邦の分立が進む

 

(7.)東方植民:12~14世紀

・ドイツ諸侯によるエルベ川以東への植民

→諸侯国の成立

例)

・ブランデンブルグ辺境伯領

・ドイツ騎士団領→のちプロイセン王国


漢字の読み方

 

大空位時代:だいくういじだい

金印勅書:きんいんちょくしょ

選帝侯:せんていこう

領邦:りょうほう

・辺境伯領:へんきょうはくりょう