· 

世界史:イスラーム世界の拡大(概略)

・イスラーム帝国は分裂するが、イスラーム世界は拡大

・アラブ人・イラン人にかわり、トルコ人がイスラーム世界の拡大に活躍

・ここでは各地域のイスラーム王朝を概観する

 

1.西アジア

セルジューク朝(1038~1194年)

トルコ人の王朝

・中央アジアに起こり、西アジア一帯までを支配

①建国

トゥグリル=ベクが建国

・バグダード入城:ブワイフ朝を征服

→アッバース朝からスルタンの称号を授与される

※トゥグリル=ベクが初代スルタン

 

②2代目スルタンの時代

・小アジア進出:ビザンツ帝国を圧迫

→第1回十字軍の発端となる

 

③3代目スルタンの時代

ニザーミーヤ学院を開設

・イクター制の確立

 

2.エジプト

①トゥールーン朝(868~905年)

・アッバース朝のエジプト総督が自立して建国

 

ファーティマ朝(909~1171年)

シーア派。チュニジアに建国

カリフの称号を使用

→アッバース朝・後ウマイヤ朝と対立(3カリフ国)

・969年、エジプト征服。首都カイロを建設

アズハル学院を設立

 

アイユーブ朝(1169~1250年)

・スンナ派

クルド人サラディンが建国

→ファーティマ朝を滅ぼす

第3回十字軍と戦う

 

マムルーク朝(1250~1517年)

・アイユーブ朝のマムルーク出身の軍人が建国

マムルーク…おもにトルコ人の軍人奴隷

オスマン帝国に滅ぼされる

 

3.北アフリカ~イベリア半島

※キリスト教徒の展開するレコンキスタ国土回復運動、718~1492年)に対抗

 

後ウマイヤ朝(756~1031年)

・ウマイヤ朝滅亡の際に逃れた王族がイベリア半島に建国

・首都:コルドバ

・内紛、小王朝の分立で滅亡

 

ムラービト朝(1056~1147年)

ベルベル人が建国

・アフリカ北西部からイベリア半島にも進出

・ムワッヒド朝により滅亡

 

ムワッヒド朝(1130~1269年)

ベルベル人が建国

・ムラービト朝を滅ぼす

・アフリカ北西部からイベリア半島にも進出

 

ナスル朝(1232~1492年)

・イベリア半島最後のイスラーム王朝

・1492年、スペイン王国により滅亡:首都グラナダ陥落

レコンキスタ完了

 

4.中央アジア

サーマーン朝(874~999年)

イラン系イスラーム王朝

・アッバース朝から自立した独立王朝 

カラ=ハン朝により滅亡 

 

カラ=ハン朝(940~1132年)

トルコ系イスラーム王朝

・999年、サーマーン朝を滅ぼす

・東西トルキスタンを征服し、イスラム化

・11世紀中頃、東西に分裂

→セルジューク朝や西遼の支配下に