· 

世界史:イスラーム世界の形成(概略)

1.イスラーム教の成立(ムハンマドの時代)

・610年頃、ムハンマドイスラーム教を創始

・622年、ヒジュラ(聖遷)メッカからメディナに移住

 →ウンマ(イスラーム教徒(ムスリム)の共同体)を形成

 ※イスラーム暦元年

 

・630年、メッカを征服

・632年、ムハンマド死去

※『コーラン』…イスラーム教の経典。アラビア語で記されている

 

2.正統カリフ時代(632~661年)

カリフとは

ムハンマドの後継者

・選挙で選出。ウンマを指導

正統カリフ:第4代カリフのアリーまで

 

ジハード(聖戦)

ⅰ.東方:ササン朝との抗争

・642年、ニハーヴァンドの戦いに勝利

 →651年、ササン朝滅亡

 

ⅱ.西方:ビザンツ帝国との抗争

・634年、ビザンツ帝国領に侵入

・シリア・エジプトをうばう

※ビザンツ帝国はササン朝との戦いもあり衰退

 

 

3.ウマイヤ朝(661~750年)

①建国

・661年、ムアーウィヤ(シリア総督)が建国

スンナ派の国

・都:ダマスクス

 

②イスラーム教徒の分裂

スンナ派:代々のカリフを正統とする(多数派)

シーア派:アリーの子孫を正統とする(少数派)

 

③拡大

・711年、西ゴート王国を征服

 →イベリア半島を支配

・732年、トゥール・ポワティエ間の戦い

 →フランク王国に敗れる

 

④税制

ジズヤ(人頭税)とハラージュ(地租)

マワーリージンミーが負担。アラブ人は免除

 

マワーリー:異民族(非アラブ人)のイスラーム教徒

 ジンミー:異教徒(ユダヤ教、キリスト教などを信仰)

 

⑤滅亡

・750年、アッバース朝に滅ぼされる

 

・756年、後ウマイヤ朝を建国(~1031年)

 ※ウマイヤ朝の一族がイベリア半島に逃れて建国

 


漢字の読み方

 

聖遷:せいせん

・聖戦:せいせん

・人頭税:じんとうぜい

後ウマイヤ朝:こうウマイヤちょう