· 

世界史:魏晋南北朝時代(概略)

国家の変遷の概略

 

魏晋南北朝時代:220~589年

※魏の建国(後漢の滅亡)から隋の中国統一まで

 

1.三国時代:220~280年

 

2.(西晋)の統一:280年

→316年、滅亡

 

3.

①華北

五胡十六国時代:304~439年

→439年、北魏が華北を統一(北朝

 

②江南

東晋:317~420年

 に滅ぼされる(→南朝

 

4.南北朝時代:439~589年

①北朝:439~581年

・北魏(東西に分裂)

 →東魏北斉

 →西魏北周(→隋)

 

②南朝:420~589年


1.三国時代(220~280年)

①建国

ⅰ.(220~265年)

曹操が基礎を築く

→220年、子の曹丕(文帝)が建国

・管理任用制度:九品中正を実施

 ※郷挙里選(前漢・武帝による)にかわって実施

・蜀を滅ぼす

 

ⅱ.(222~280年

劉備が建国

 

ⅲ.(221~263年)

孫権が建国

 

2.(西晋)(265~316年)

①建国と統一

・265年、魏の将軍司馬炎が晋を建国(魏が滅亡)

・280年、呉を滅ぼし中国を統一

 

②動揺

八王の乱(290~306年)

 

③滅亡

・遊牧諸民族の反乱

→316年、晋の滅亡

 

※晋の滅亡後は、華北(北)と江南(南)でそれぞれ異なる歴史を歩む

(589年に隋が中国を統一するまで)

 

3a.華北:五胡十六国(304~439年)

・遊牧諸民族らによって16の国が興亡

→439年、北魏が統一(以降、北朝

 

①北魏の政策:孝文帝

漢化政策:鮮卑の服装・言語を禁止

・土地制度:均田制の実施

 

 

3b.江南:東晋(317~420年)

司馬が江南にのがれて晋を復興

 ※それ以前を西晋と呼んで区別 

→420年、滅亡(以降、南朝

 

4.南北朝時代(439~589年) 

①華北(北朝)の興亡 

ⅰ.北魏が東西に分裂

東魏西魏

 

ⅱ.東魏・西魏とも滅亡

・東魏北斉

・西魏北周

 

ⅲ.北周が統一

北斉を併合

※581年、建国、北周滅亡

 

ⅳ.その他

・西魏では府兵制を実施

(続く北周・隋・唐でも実施)

 

②江南(南朝)の興亡

(→589年、が陳を征服し、南北朝を統一)


漢字の読み方

 

:ぎ

曹操:そうそう

曹丕:そうひ

・文帝:ぶんてい

九品中正:きゅうひんちゅうせい

郷挙里選:きょうきょりせん

:ご

劉備:りゅうび

:しょく

孫権:そんけん

(西晋):しん(せいしん)

司馬炎:しばえん

八王の乱:はちおうのらん

 

・華北:かほく

五胡十六国:ごこじゅうろっこく

北魏:ほくぎ

北朝:ほくちょう

孝文帝:こうぶんてい

・漢化政策:かんかせいさく

・鮮卑:せんぴ

 ※五胡(異民族)の1つ

・均田制:きんでんせい 

江南:こうなん

東晋:とうしん

司馬:しばえい

・南朝:なんちょう

 

東魏:とうぎ

西魏:せいぎ

北斉:ほくせい

北周:ほくしゅう

・隋:ずい

・府兵制:ふへいせい

:そう

:せい

:りょう

:ちん