· 

世界史:東地中海世界(概略)

地中海東岸

※現在のシリア・レバノン・イスラエルなどの地域

 

1.「海の民」の侵入と混乱(前13世紀末)

ヒッタイトが滅亡する

エジプト新王国が弱体化し、地中海東岸から撤退

 

2.セム系三民族の活躍(前1200年頃~)

アラム人

内陸中継貿易で活躍

 

フェニキア人

地中海貿易を独占

フェニキア文字アルファベットの起源

 

ヘブライ人

ⅰ.パレスチナに定着(前1500年頃)

・その後、一部はエジプトへ移住

 →エジプト新王国の圧政を受ける

 →出エジプトモーセに率いられて脱出

 

ⅱ.ヘブライ王国の建国(前1000年頃)

ダヴィデ王ソロモン王のもと繁栄

 →前922年頃、南北に分裂

 

ⅲ.分裂後の王国

・北:イスラエル王国(前922年頃~前722年)

 →アッシリアにより滅亡

 

・南:ユダ王国(前922頃~前586年)

 →新バビロニアに征服される

 →バビロン捕囚バビロンに強制移住(前586~前538年)

 ※前538年、新バビロニアアケメネス朝に滅ぼされたことで解放

 

※苦難の歴史を通して、ユダヤ教が形成

 

 


漢字の読み方

 

海の民:うみのたみ

内陸中継貿易:ないりくちゅうけいぼうえき

出エジプト:しゅつエジプト

バビロン捕囚:バビロンほしゅう