· 

世界史:イギリス革命と議会政治の確立(概略)

ポイント解説

イギリスで起こった2つの革命。ピューリタン革命によりイギリス絶対王政が倒され名誉革命の後は責任内閣制が確立していきました。王朝はテューダー朝からステュアート朝(ピューリタン革命で断絶し、王政復古で復活)、ハノーヴァー朝へと変わっていきました。


0.ステュアート朝の成立

・1603~49、1660~1714年

※1603年エリザベス1世が死去しテューダー朝が断絶

 

1.ジェームズ1世:在位1603~25

王権神授説を主張し専制政治を行う

ピューリタン(清教徒)中心の議会と対立

王権神授説…王の権力は神から授けられたとする思想。絶対王政を正当化

 

2.チャールズ1世:在位1625~49

権利の請願:1628年

・議会がチャールズ1世に提出した文書

・議会の同意のない課税の禁止、不当逮捕の禁止などを要求

→チャールズ1世は無視。翌年議会を解散

 

②短期議会:1640年

スコットランドの反乱を受け、議会を招集

 ※戦費・賠償金を調達するため

→議会は課税を拒否

→チャールズ1世はわずか3週間で解散

 

②長期議会:1640~53年

ⅰ.王党派と議会派の対立

王党派:国王を支持

議会派:反国王勢力

→1642年、両者による内戦がおこる

議会派の勝利クロムウェルの活躍

 

ⅱ.議会派の分裂

長老派:立憲王政を主張

独立派:制限選挙による共和政を主張

 ※クロムウェルの一派

水平派:普通選挙による共和政を主張

 ※急進的な一派

※独立派が優勢

※立憲王政・共和政などの意味は、別途補足解説を参照してください。

 

ⅲ.国王の処刑:1649年

クロムウェルチャールズ1世を処刑

共和政を開始

ピューリタン革命:イギリス絶対王政を終わらせた市民革命

 

3.共和政:1649~60年

※実際はクロムウェルの独裁政治

 

①クロムウェルの征服活動

・1649年、アイルランド征服

・1650年、スコットランド征服

 

航海法:1651年

・イギリスの貿易を保護・促進する

・中継貿易で栄えるオランダを排除する目的

 

イギリス=オランダ戦争(英蘭戦争)

第1次英蘭戦争(1652~54年)

 …イギリスの航海法に反発したオランダとの戦争

※1660年代に第2次、70年代に第3次の戦争。イギリスの優勢に終わる

 

④厳格な軍事独裁体制

・1653年、クロムウェルは終身の護国卿になる

・議会との対立、国民の不満を招いた

 

4.王政復古:1660年

チャールズ2世:在位1660~85

ⅰ.即位

クロムウェルの死後、国王に就任

ステュアート朝の復活

 

ⅱ.議会との対立

・絶対王政の姿勢を見せたため

→議会の抵抗:審査法人身保護法の制定

審査法:官吏を国教徒に限定

 人身保護法:不当な逮捕や投獄を禁止

 

ジェームズ2世:在位1685~88

ⅰ.王位継承をめぐる対立

トーリ党:王位継承に賛成

 →のちの保守党

ホイッグ党:王位継承に反対

 →のちの自由党

 

ⅱ.名誉革命:1688年

・ジェームズ2世は絶対王政とカトリックの復活を強行

→議会はオランダからウィレム3世と妻メアリを招く

→ジェームズ2世はフランスへ亡命

※流血なしで革命が成功したことから名誉革命とよばれる

 

新国王の即位

ⅰ.権利の宣言:1689年

・議会がまとめた

→ウィレム3世とメアリが承認

 

ⅱ.即位

・ウィレム2世はウィリアム3世として、メアリはメアリ2世として即位(共同統治)

 

ⅲ.権利の章典:1689年

権利の宣言を成文化して発布

・議会主権に基づく立憲王政が確立

 

5.イギリス議会政治の発展

アン女王:在位1702~14

ⅰ.大ブリテン王国の成立

・1707年、イギリス(イングランド)とスコットランドが合併

 

ⅱ.ステュアート朝の断絶

・アン女王の死により断絶

 

ハノーヴァー朝の成立:1714~1917

ⅰ.ジョージ1世:在位1714~27

ドイツから招かれ国王に就任

1917年、ウィンザー朝と改称し現在に至る

 

ⅱ.責任内閣制の成立

ジョージ1世は国政を首相のウォルポールに一任

 ※ジョージ1世は英語がわからない

内閣は国王にではなく、議会に対して責任を負う

→「王は君臨すれども統治せず」の原則が定着