日:大正政変、第一次世界大戦


I.大正政変

※大正時代:1912~26年(大正15年まで)

 

1.第2次西園寺公望内閣:1911.8~12.12

2個師団増設問題

1912年、陸軍の2個師団増設要求を閣議で却下

 ⇒上原勇作陸相が単独で辞表を大正天皇に提出

・陸軍は軍部大臣現役武官制を利用して、後継の陸相推薦を拒否

 ⇒内閣総辞職

 

※帝国国防方針:1907年制定。国防政策の基本方針

・陸軍:17個師団から25個師団への増強をめざす

・海軍:八・八艦隊(戦艦8隻、装甲巡洋艦8隻)の建造をめざす


2.第3次桂太郎内閣:1912.12~13.2

・内大臣・侍従長を就任直後に辞職し、首相に就任

 ⇒第一次護憲運動が起こる

 

3.大正政変

①概要

第一次護憲運動によって第3次桂太郎内閣が退陣に追い込まれたできごと

・背景:国民の政治意識の高揚

 

②運動の中心

立憲国民党犬養毅

立憲政友会尾崎行雄(「憲政の神様」とよばれる)

 ※共和演説事件のときの文部大臣(第1次大隈重信内閣)

 

③運動の展開

宮中・府中の別を乱すとして桂内閣を批判、退陣要求

・「閥族打破・憲政擁護」をかかげ、運動が全国化

 

④桂太郎の対抗

新政党の結成(のちの立憲同志会)、総裁は加藤高明

⇒議会・世論の反発激化、桂内閣は53日で退陣


4.第1次山本権兵衛内閣:1913.2~14.4

※与党:立憲政友会

・薩摩出身の海軍大将

 

①文官任用令改正

・政党員も高級官僚になれることにした

 

軍部大臣現役武官制改正

・陸軍・海軍大臣の資格を変更

・現役の軍人に限らず、予備役・後備役の大将・中将まで拡大

 ※ただし、実際の選任例なし

 

シーメンス事件(ジーメンス事件)

・海軍高官の汚職事件

 ⇒内閣総辞職


5.第2次大隈重信内閣:1914.4~16.10

※与党:立憲同志会(少数与党)

 

①首相就任

・国民からの人気、元老の推薦と陸軍の支持

 

②選挙で勝利

立憲同志会立憲政友会に圧勝

2個師団増設案が可決

 

③外交

・1914年、第一次世界大戦の開始

・1915年、中国の袁世凱政府に対し二十一カ条の要求を出す


II.第一次世界大戦、日本の中国進出

1.第一次世界大戦

①ヨーロッパの情勢(20世紀初め)

ⅰ.三国同盟

ドイツイタリアオーストリア

 

ⅱ.三国協商

イギリスフランスロシア

 

※バルカン半島

・政情不安定で「ヨーロッパの火薬庫」とよばれた

 

②開戦

ⅰ.サライェヴォ事件:1914年

セルビア人青年がオーストリアの皇太子夫妻を殺害

⇒両国間で開戦

 

ⅱ.世界大戦へ

・各国が参戦して戦争がヨーロッパに拡大

総力戦…政治・経済・国民など国力のすべてを動員して行われる戦争

 

③大戦の経過

ⅰ.イタリアの動き

・1915年、三国同盟を離脱

 ⇒連合国側で参戦

 

ⅱ.アメリカの参戦

ドイツ無制限潜水艦作戦を開始

⇒1917年、アメリカ連合国側で参戦

 

ⅲ.終戦

・1918年、ドイツで革命、帝政崩壊

 ⇒休戦の申し入れ

 

※第一次世界大戦の二大陣営

同盟国ドイツオーストリア、オスマン帝国など

連合国イギリスフランスロシアイタリアアメリカ日本、中国、セルビアなど


2.日本の参戦

①政府

・首相:大隈重信(第2次)

・外相:加藤高明

 

②参戦の根拠

日英同盟を結んでいたため

 ⇒連合国側で参戦

 

③対ドイツ

・中国におけるドイツの根拠地青島と、山東省のドイツ権益を接収

・赤道以北のドイツ領南洋諸島の一部を占領

 

④対中国

ⅰ.二十一カ条の要求:1915年

・中国の袁世凱政府に対して出す

※内容

山東省のドイツ権益の継承

・南満州および東部内蒙古の権益強化

 福建省の他国に対する不割譲の再確認

旅順大連の租借期限と満鉄の権益期限の延長(99カ年)

漢冶萍公司の日中合弁化

⇒日本は最後通牒を発し、大部分を承認させる

 

ⅱ.中国国内の動き

・中国国民は反発、抗日運動の激化

・袁世凱政府が要求を受け入れた5月9日を国恥記念日とした

 

ⅲ.西原借款:1917~18年

寺内正毅内閣が特使西原亀三を派遣

段祺瑞政権(袁世凱の後継)に巨額の借款

・目的:段祺瑞政権の強化

 ⇒中国の統一と安定、日本の権益拡大

 

対ロシア

第四次日露協約:1916年

・特殊権益を相互に擁護することを確認

 

⑥対アメリカ

石井・ランシング協定:1917年

・アメリカ:国務長官ランシング。日本の満州権益を承認

・日本:特派大使石井菊次郎。中国の門戸開放、機会均等を承認


3.ロシアの大戦離脱とシベリア出兵                        

ロシア革命:1917年

・民衆が帝政と戦争継続に反対

・【レーニンを指導者とする世界初の社会主義国家が誕生

ドイツ・オーストリアと単独講和(ブレスト・リトフスク条約)

 ⇒ロシアは大戦から離脱

※ロシア革命により日露協約は消滅

 

シベリア出兵:1918年

寺内正毅内閣のとき

ⅰ.目的

・ロシア革命への干渉、社会主義国家成立の阻止

 

ⅱ.出兵の名目

・シベリアにいたチェコスロヴァキア軍将兵の救出

 

ⅲ.参加国

日本アメリカイギリスフランスなど

 ⇒大戦後、列強は撤兵するが、日本は1922年まで駐兵


4.大戦景気

①日本経済への影響

好景気になり、輸出急増(入超→出超)

・財政危機の解消 

 ※1917年、金輸出禁止

債務国から債権国になる

 

②各部門の成長・展開

ⅰ.生糸

アメリカへの輸出増

 

ⅱ.紡績業

・中国で工場経営を行う在華紡の増加

 

ⅲ.綿織物

アジア市場への輸出が増加

 ※戦争でヨーロッパ諸国が後退したため

 

ⅳ.造船・海運

・英米に次いで世界第3位の海運国となる

※世界的な船舶不足が背景

船成金の出現

 

ⅴ.製鉄業

八幡製鉄所の拡張

・満鉄が鞍山製鉄所を設立

 

ⅵ.化学

・薬品・染料・肥料の国内生産の成長

交戦国ドイツからの輸入断絶のため

 

ⅶ.電力

水力発電が発達

猪苗代水力発電所から東京への長距離送電に成功

電灯の普及、工業原動力に電力を使用

 

③工業生産額の伸長

・1914年から19年までに工業生産額が5倍に増加

 ⇒農業生産額を上回る 

※工業生産額のうち、重化学工業が約30%を占める

 ただし工業人口は農業人口の半分以下

 

④国民生活

・好景気で成金が生まれる一方、物価の高騰により民衆の生活は悪化