· 

歴史5-3 イギリスのアジアへの動き(まとめ)

ポイント解説

イギリスは中国(清)に対してアヘン戦争を起こして勝利し、不平等条約を押しつけました。その清国内では太平天国の乱が起こりました。インドの大反乱をしずめたイギリスはインドを植民地化しました。


1.イギリス三角貿易

 

2.アヘン戦争

①戦争の開始

・清が麻薬のアヘンを取りしまる

→1840年、イギリスは軍艦を送り開戦(アヘン戦争

 

②結果

イギリスの勝利

 

③条約

ⅰ.南京条約:1842年

・清とイギリスの条約

・清は上海シャンハイ)など5つの都市を開港

・清はイギリスに香港ホンコン)をゆずる

 

ⅱ.不平等条約:1843年

・清とイギリスの条約:清にとって不平等な内容

・清の関税自主権を認めない

・イギリスが領事裁判権治外法権をもつ

 

3.太平天国の乱

・清は戦争の費用や賠償金の支払いのために増税を実施

→反乱の発生:洪秀全を指導者として太平天国を建国。

→しかし、するが、外国の力を借りた清に倒された

 

4.インドの植民地化

インド(の)大反乱:1857年

・インド兵がイギリス人の上官に対して反乱

→イギリスに不満をもつ人々によって反乱が各地に広まった

 

②植民地化

・インド大反乱をしずめたイギリスは、ムガル帝国(インドの王朝)をほろぼした

インドを植民地化


漢字の読み方

 

・麻薬:まやく

南京条約:ナンキンじょうやく

関税自主権:かんぜいじしゅけん

領事裁判権:りょうじさいばんけん

治外法権:ちがいほうけん

太平天国の乱:たいへいてんごくのらん

洪秀全:こうしゅうぜん