· 

歴史5-12 内閣制度、憲法の制定(まとめ)

ポイント解説

1885年に内閣制度が成立し、伊藤博文初代総理大臣に就任。1889年には大日本帝国憲法が制定されました。憲法の規定にもとづいて、議院貴族院で構成される帝国議会も開かれました。衆議院議員は選挙で選ばれましたが、選挙権は税金を多く納める男性だけに限られたため、選挙権を持つのは人口の1.1%だけでした。


1.内閣制度

・1885年成立

伊藤博文が初代内閣総理大臣(首相)に就任

 

2.大日本帝国憲法

①発布

・1889年2月11日に発布

君主権の強いドイツプロイセン)の憲法を参考に作成

 

②天皇の地位と権限

天皇主権:天皇を元首とする

・天皇にさまざまな権限が集中

 

③国民の規定

・国民は臣民とよばれ、法律の範囲内で言論・出版・集会・信仰の自由などが認められた

※自由や権利が法律で制限されることがあった

 

④意義

・日本はアジアで最初の立憲制国家となる

 

3.教育勅語

・1890年発布

忠君愛国の道徳が示された

→教育の柱として国民の精神的・道徳的なよりどころとなる

 

4.帝国議会

・二院制:参議院衆議院で構成

貴族院:皇族、華族、天皇が任命した議員など

衆議院:国民の選挙で選ばれる

※衆議院議員の選挙権が与えられた人々:直接国税15円以上を納める満25歳以上の男子

→総人口の約1.1%にすぎなかった


漢字の読み方

 

内閣制度:ないかくせいど

伊藤博文:いとうひろぶみ

大日本帝国憲法:だいにっぽんていこくけんぽう

臣民:しんみん

教育勅語:きょういくちょくご

・忠君愛国:ちゅうくんあいこく

帝国議会:ていこくぎかい

貴族院:きぞくいん

衆議院:しゅうぎいん