· 

歴史5-17 日本の産業革命と社会問題(まとめ)

ポイント解説

日本の産業革命は1880年代後半に軽工業で起こりました。日清戦争後には重化学工業でも起こり、八幡製鉄所が操業を開始しています。日本でも資本主義が発達し、財閥が成長しました。一方で、労働争議や公害問題(足尾銅山鉱毒事件)、小作争議が発生するなど、問題も多くみられました。また、社会主義大逆事件で弾圧され、「冬の時代」を迎えることになりました。


1.日本の産業革命

①軽工業

1880年代半ば以降

ⅰ.紡績業

綿糸を生産する

大阪紡績会社などが生産

 

ⅱ.製糸業

生糸を生産する

・大半が女子労働者(工女・女工)

・低賃金・長時間労働の問題

 

重化学工業の発展

日清戦争後(1890年代半ば)、大きく発展

官営八幡製鉄所:北九州に設立(下関条約で得た賠償金をもとに建設)

→1901年、操業を開始。筑豊炭田の石炭と、中国から輸入した鉄鉱石で鉄鋼を生産

 

2.資本家と労働者

労働組合

・労働条件の改善を使用者(経営者)に要求するために、労働者が団結して結成された団体

 

②労働争議

・労働者と経営者の間でおこる争い

・労働者は労働条件の改善などを求めてストライキをおこすことも

 

3.財閥

・金融をはじめさまざまな業種に進出し、日本経済に大きな支配力をもった資本家とその一族

※四大財閥:三井・三菱・住友・安田

 

4.公害の発生

足尾銅山鉱毒事件(栃木県):渡良瀬川が汚染、住民に大きな被害

→地元の衆議院議員田中正造が問題解決に尽力

 

5.社会主義の動向

①社会民主党の結成

・1901年結成。幸徳秋水らが中心

・日本最初の社会主義政党

 

大逆事件:1910年

・社会主義者の幸徳秋水らが死刑になる

 

6.農村の動き

小作人の増加:生活が苦しく、借金を返せない農民は土地を手放すことに

・多くの土地を手に入れた地主のなかには、株式投資などを通して資本主義と結びつく者も


漢字の読み方

 

紡績業:ぼうせきぎょう

綿糸:めんし

大阪紡績会社:おおさかぼうせきがいしゃ

製糸業:せいしぎょう

生糸:きいと

工女:こうじょ

・女工:じょこう

八幡製鉄所:やはたせいてつじょ

筑豊炭田:ちくほうたんでん

財閥:ざいばつ・

三井:みつい

・三菱:みつびし

・住友:すみとも

・安田:やすだ

足尾銅山鉱毒事件:あしおどうざんこうどくじけん

渡良瀬川:わたらせがわ

田中正造:たなかしょうぞう

 

社会民主党:しゃかいみんしゅとう

大逆事件:たいぎゃくじけん

幸徳秋水:こうとくしゅうすい

小作人:こさくにん

地主:じぬし