· 

勉強法の三段ピラミッド

一概に「勉強法」といっても、階層というか段階があります。 

3段のピラミッドを想像してください。

 

この3段は、上から

 

・教材

・勉強法

・心構え

 

となっています。

 

1つ1つ見ていきましょう。

 

1.教材

一番上(3段目)教材とは、参考書問題集など、各教科そのものを学ぶための道具です。

 

教科の学習(このサイト)でも、社会科などの教材を中心に提供しているわけです。

 

2.勉強法

真ん中、2段目勉強法は、道具(参考書)の使い方や、効率的な勉強のコツなどです。

このブログでお伝えしている「勉強法」のシリーズも、これにあたります。

 

3.心構え

一番下、1段目心構えは、マインドセットです。

勉強において大前提となるものです。

 

 

2段目の勉強法を「やり方」とするならば、1段目は「あり方」と言ってもいいかもしれません。

 

いくら良い教材があっても、勉強のやり方が間違っていたら、成績は上がりません。

 

正しいやり方で勉強しても、心構えがズレていたら、どこかで行きづまってしまいます。

 

 

良い教材・良い先生というのは、学べば学力が身に付くだけでなく、やる気を起こさせてくれる、勉強が楽しいと思わせてくれる、という場合が多いと思いますが、それはピラミッドの3段全部、あるいは2つの段を満たしているから、ということがいえます。

 

なお、「やり方」と「あり方」は重なることも多いので、あまり厳密に分類しなくてもいいかと思います。

大事なのは、勉強を継続できて、理解が進み、結果として成績が上がり、受験やその後の人生で満足いく成果が得られることだと思います。

 

 

教科の学習では、それほどやる気を必要としない教材として「ざっくり」シリーズを提供しています。

ですので、ざっくりシリーズは教材ではありますが、「まずは重要な部分を中心に大まかに勉強する」というやり方にもとづいてつくられているので、勉強法の要素もふくまれています。

 

私自身、勉強法について全体を見渡せるような見方・考え方ができるようになってきました。次回からまたやり方(勉強法)、あり方(心構え)について、このシリーズで書いていきたいと思います。

 

もっとも、アクセスを見ると、このシリーズよりも、各科目のまとめや解説の方が多くの人に読まれているようですが・・・(悲

 

 

◆補足

この三段ピラミッドの話は、勉強に限った話ではなく、あらゆることに言えます。

車の運転でいえば、

 

1.自動車(移動の道具)

2.運転技術

3.運転マナー(心がけ)

 

となります。

いくら高性能の立派な自動車を所有していても、運転技術がなければ事故を起こしてしまうだけです。

また、上手な運転技術があっても、マナー(心がけ=あり方)が備わってなければ、乱暴な運転やあおり運転をしてしまうことでしょう。

 

他にも、「包丁は正しく使えばおいしい料理をつくれる道具だが、間違った使い方をすると人を傷つける凶器になってしまう」というのも同じことですね。