· 

中学公民:国際連合、地域主義/解説(ざっくり)

1.国際連合

国際連合は、1945年、第二次世界大戦後に設立された国際機関です。本部はアメリカのニューヨークにあります。 

 

2.国際連合の主要機関

総会

総会は全加盟国で構成され、議決には全ての国が平等に1票をもっています。

 

安全保障理事会安保理

安全保障理事会は世界の平和と安全の維持を目的とする機関です。アメリカど5か国の常任理事国拒否権を有しています。

 

3.国際連合の専門機関・補助機関

国連教育科学文化機関UNESCOユネスコ

教育・科学・文化などで国際協力を進め、世界の平和を守ることを目的としています。世界遺産の登録も行います。

 

国連児童基金UNICEFユニセフ

子どもを貧困や病気から守り、健康な成長をうながす活動を行います。

 

世界保健機関WHO) 

世界の人々の健康の維持・増進を目的とする機関です。 

 

4.地域主義

ヨーロッパ連合欧州連合EU

1993年、12か国で発足しました。その後、加盟国が増加しました。共通通貨ユーロを導入しています。

 

ASEAN東南アジア諸国連合

1967年発足しました。現在は10か国が加盟しています。

 

③2国間、多国間の協定

自由貿易協定FTA):貿易において関税や輸出入の制限をなくす協定です。

経済連携協定EPA):貿易だけでなく、人材交流や投資など広い分野で協力を進める協定です。

 

5.平和のための国際的な援助、取り組み

ODA政府開発援助

先進国が発展途上国に対して行う援助のことです。

 

NGO非政府組織

民間の国際的な協力組織です。 


前: 

次: 

 

ざっくり中学公民に戻る