· 

中学公民:景気循環、景気対策/解説(ざっくり)

1.景気変動景気循環

好景気好況不景気不況が交互に繰り返されることを、景気変動あるいは景気循環といいます。

 

①好景気(好況)

好景気のときは、商品がよく売れます。そのため、企業の生産も増えます。企業はもうかっているので、働いている人の賃金は上昇します。人手が足りなくなるので、失業者は減少しますね。

好景気の時は、ものがよく売れます。需要が多いということなので、物価が上昇します。このようにして、好景気の時は物価が継続的に上昇していきます。このことをインフレーションインフレといいます。 

 

②不景気(不況)

不景気の時は、好景気と反対のことが起こります。商品があまり売れず、企業の生産は減少します。企業はもうからないので、働いている人の賃金は下落します。企業には人を多く雇う余裕がないので、失業者は増加します。

不景気の時は、ものがあまり売れないので、物価が継続的に下落します。このことを、デフレーションデフレといいます。

 

2.景気調整政策

財政政策

財政政策とは、政府が行う景気調整政策のことです。

好景気のときは、増税をしたり、公共事業の支出を減らしたりします。

反対に不景気のときは、減税をしたり、公共事業の支出を増やしたりします。

 

金融政策

金融政策とは、日本銀行が行う景気調整政策のことです。

好景気のときは、日本銀行はおもに一般の銀行に国債を売ります。

不景気のときは、おもに一般の銀行から国債を買います。 


前: 

次: 

 

ざっくり中学公民に戻る