· 

中学公民:国会/解説(ざっくり)

1.国会の地位

日本国憲法では、国会について次のように規定しています。国会は三権のうち立法を担当すること、国会は国権の最高機関であること、国会は国の唯一の立法機関であることです。

 

2.国会のしくみ

二院制

日本の国会は二院制を採用していて、衆議院参議院で構成されています。

 

②議員定数

議員の数は、衆議院465人、参議院242人となっています。

※参議院は6人増えて248人となることが決まっています。

 

③任期

国会議員の任期は、衆議院年、参議院はとなっています。ただし、衆議院は解散があるので、解散された場合は4年の任期よりも短くなります。一方、参議院は解散がなく、ごとに半数を改選するしくみになっています。

 

④被選挙権

立候補できる年齢は、衆議院が満25以上、参議院が満30以上となっています。

選挙権はすべて18以上です。

 

3.国会の種類

国会の種類は4つあります。

常会通常国会

常会は毎年1回、1月中に召集される国会です。会期(国会が開かれる期間)は150日間で、次年度の予算などを審議することになっています。

 

臨時会臨時国会

内閣の決定などによって開かれる国会です。いつ開かれるかは特に決まっていません。

 

特別会特別国会

衆議院議員の総選挙の後に召集される国会です。特別会では内閣総理大臣の指名が行われます。

 

④参議院の緊急集会

衆議院の解散中、緊急に議決する必要がある場合は、参議院の緊急集会が召集されます。

 

4.国会の仕事・権限

①法律の制定(立法

国会のもっとも重要な仕事といえます。法律案は衆議院か参議院の議長に提出された跡、委員会で審議され、可決されると本会議で審議・議決されます。もう片方の議院でも同様の手順をとります。

 

予算の審議・議決

内閣が提出した予算を国会が審議します。

 

条約の承認

内閣が調印した条約を国会が承認します。

 

内閣総理大臣の指名

国会議員の中から総理大臣を指名します。

 

以上の①~④は、衆議院の優越の規定があります。

 

これに対し、次の⑤~⑦は、衆議院の優越の規定はありません。

憲法改正の発議

衆議院と参議院のそれぞれにおいて、総議員の3分の2以上の賛成によって、憲法改正を発議します。

 

国政調査

国の政治について国会が調査する権限です。

 

弾劾裁判

弾劾裁判所を設置して、国会議員が特定の裁判官を辞めさせるかどうか裁判(判断)する権限です。 


前: 

次: 

 

ざっくり中学公民に戻る