· 

中学公民:企業、株式会社、労働者の権利/解説(ざっくり)

1.企業の種類

経済の3主体の1つ、企業について確認します。

企業には、民間によって設立された私企業と、国・地方公共団体によって設立された公企業がああります。 

 

2.株式会社

私企業のなかでも代表的なものが、株式会社です。

株式会社は株式を発行し、それを株主(出資者)に購入してもらうことでお金を集め、事業を行います。株主は、株式会社の利潤の一部を、配当として受け取ることができます。株式会社の方針は、すべての株主が出席する株主総会で決められます。

 

3.労働三法

弱い立場にある労働者を守るための3つの法律をまとめて、労働三法といいます。次の①~③があります。

 

労働基準法

労働条件の最低基準を規定した法律です。

 

労働組合法

労働組合の結成をうながし、労働者が使用者(企業側)と対等な立場で話し合うための法律です。

 

労働関係調整法

労働者と使用者(企業側)との対立を調整する、あるいは、未然に防ぐための法律です。