中学歴史:大正時代(ざっくり)

大正時代

・年代:1912~1926

 

0.大正時代の流れ

・日本国内:大正デモクラシー

 民本主義、米騒動、普通選挙法・治安維持法

・世界:第一次世界大戦→ベルサイユ条約

 

 

1.第一次世界大戦

①始まり:1914年

サラエボ事件オーストリアの皇太子夫妻がセルビア人の青年に暗殺される

 →オーストリアセルビアに宣戦布告

  各国も参戦して第一次世界大戦

 

②第一次世界大戦の参戦国

同盟国ドイツ、オーストリア、トルコなど

連合国イギリス、フランス、ロシア、イタリア、日本など

 ※アメリカは1917年に連合国側で参戦

  日本は日英同盟を理由に、連合国側で参戦

 

③第一次世界大戦中の日本

・1915年、二十一か条の要求:中国に対して出した要求

 内容:ドイツが中国の山東省に持っている権益を、日本が受け継ぐことなど

 

ロシア革命

ⅰ.革命の発生

・1917年、レーニンを指導者として革命がおこる

 

ⅱ.シベリア出兵:1918年

・ロシア革命に日本や欧米各国が干渉

 →日本国内では米騒動がおこるきっかけになった

 

ⅲ.ソ連の成立

・1922年、ソビエト社会主義共和国連邦ソ連)が成立

 ※世界初の社会主義国家の成立

 

 

2.第一次世界大戦後の世界と日本

①第一次世界大戦の終結

ⅰ.大戦の終結

・1918年、ドイツが降伏して第一次世界大戦が終結

 

ⅱ.講和会議

・1919年、パリ講和会議が開かれる

 →講和条約のベルサイユ条約に調印

 

 

②国際協調の時代

ⅰ.国際連盟の成立:1920年

アメリカウィルソン大統領の提案にもとづく

・常任理事国:イギリスフランスイタリア日本

アメリカは国内の議会の反対により加盟しなかった

 

ⅱ.ワシントン会議:1921~1922年

 

 

②アジアの民族運動

ⅰ.朝鮮

三・一独立運動:1919年3月1日

 

ⅱ.中国

五・四運動:1919年5月4日

 

ⅲ.インド

イギリスの植民地支配を受けていた

ガンディーが「非暴力・不服従」を唱え、指導者として活動

 

 

3.大正デモクラシーの時代

・大正時代に高まった、民主主義・自由主義の風潮

 

①第一次護憲運動(憲政擁護運動)

・1913年、藩閥の桂太郎内閣が退陣

 

民本主義

・1916年、吉野作造が主張

 

米騒動

・1918年、米の安売りを求める運動

 ※原因:シベリア出兵を見越した商人が米を買い占め、米価が大きく値上がりしたため

 

④政党内閣の成立

・1918年、原敬内閣が成立。初の本格的な政党内閣

 

⑤さまざまな社会運動

ⅰ.女性運動

平塚らいてう:女性の政治参加、女性解放運動

 →市川房枝らとともに新婦人協会を結成

 

ⅱ.解放運動

全国水平社…1922年、部落差別からの解放を求めて結成

 

普通選挙法

1925年加藤高明内閣のもとで成立

満25歳以上の(すべての)男子に選挙権を与えた

・同時に治安維持法も制定し、社会主義運動の取りしまりを強化

 

 

4.大正時代の文化・社会

①大衆文化と都市の発展

関東大震災:1923年9月1日に発生

ラジオ放送:1925年、放送開始

 

②文学

志賀直哉:代表作は「城の崎にて」、「暗夜行路」など

芥川龍之介:代表作は「羅生門」、「鼻」など 

 


漢字の読み方

 

・山東省:さんとうしょう

米騒動:こめそうどう

 

三・一独立運動:さんいちどくりつうんどう

五・四運動:ごしうんどう

 

・第一次護憲運動:だいいちじごけんうんどう

・憲政擁護運動:けんせいようごうんどう

・桂太郎:かつらたろう

民本主義:みんぽんしゅぎ

吉野作造:よしのさくぞう

 

原敬:はらたかし

平塚らいてう:ひらつからいちょう

・市川房枝:いちかわふさえ

新婦人協会:しんふじんきょうかい

全国水平社:ぜんこくすいへいしゃ

・加藤高明:かとうたかあき

治安維持法:ちあんいじほう

 

志賀直哉:しがなおや

・城の崎にて:きのさきにて

・暗夜行路:あんやこうろ

芥川龍之介:あくたがわりゅうのすけ

・羅生門:らしょうもん