中学歴史:昭和時代①戦前(ざっくり)

昭和時代

・1926~1989年

(戦前:1926~1945年)

(戦後:1945~1989年)

 

0.昭和時代の流れ

①戦前

・世界恐慌、日本の不況

・戦時体制の強化

・太平洋戦争→敗戦

 

②戦後

・世界:冷戦

・日本経済:復興→高度経済成長→安定成長→バブル経済

 

 

1.深刻な不況

世界恐慌

・1929年10月、アメリカニューヨーク市場で株価が暴落。世界へ広がる

 

ⅰ.アメリカの対応

ニューディール政策

 →政府が大規模な公共事業を積極的におこした

 

ⅱ.イギリスフランスの対応

ブロック経済の実施

 →本国と植民地の貿易を拡大、外国に対しては高い関税をかけた

 

ⅲ.ソ連

社会主義国のため、世界恐慌の影響を受けず

 

②日本の不況

昭和恐慌:1930年代以降の日本は、深刻な不況にみまわれた

 

③ファシズム

ⅰ.イタリア

ムッソリーニ:ファシスト党を率いた

 

ⅱ.ドイツ

ヒトラー:ナチスを率いて政治の実権をにぎった

 

 

2.軍部の台頭

満州事変

・1931年、南満州鉄道の爆破事件を機に、関東軍(現地の日本軍)が軍事行動を開始

 →満州国の建国を宣言

 

 

②軍部の発言力の高まり

ⅰ.五・一五事件:1932年

犬養毅首相が暗殺される

 →1924年から続いた政党内閣の時代が終わる

 

※1933年、日本は国際連盟を脱退

 

ⅱ.二・二六事件:1936年

・陸軍の青年将校が首相官邸や警視庁などを襲撃

 →軍部の政治的な発言力が拡大

 

 

3.戦時体制の強化と戦争

日中戦争

・1937年開戦

 

②日本の戦時体制の強化

・1938年、国家総動員法の制定

・1940年、大政翼賛会の結成

米の配給制の開始

 

 

4.第二次世界大戦

①始まり

・1939年、ドイツポーランドに侵攻

 →イギリスフランスドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まる

 

②大戦の2陣営

枢軸国日本ドイツイタリアなど

連合国アメリカイギリスフランス中国ソ連など

 

③日本と世界の動き

ⅰ.1940年のできごと

日独伊三国同盟日本ドイツイタリア同盟を結んだ

大政翼賛会の結成

 

ⅱ.1941年のできごと

・4月、日ソ中立条約:ソ連との間で調印

大東亜共栄圏の提唱

 

・12月、日本がハワイ真珠湾を攻撃

 →太平洋戦争の開始:日本はアメリカと戦争を始めた

 ※当時の日本の首相は東条英機

 

戦時下の国民生活

学徒出陣

勤労動員

疎開集団疎開学童疎開

 

⑤戦況の悪化

・1942年、ミッドウェー海戦でアメリカに敗北

 

⑥第二次世界大戦の終結

ⅰ.ヨーロッパの終戦

・1943年9月、イタリアが降伏

・1945年5月、ドイツが降伏

 

⑦日本の終戦:1945年

・3月、沖縄にアメリカ軍が上陸、地上戦へ(沖縄戦

・7月、ポツダム宣言の発表:日本は当初これを無視

・8月、アメリカ原子爆弾原爆)を投下

 →6日に広島、9日に長崎に投下

 

・8月8日、ソ連日ソ中立条約を破って参戦

 

・8月14日、日本はポツダム宣言を受け入れ、無条件降伏することを決定

8月15日昭和天皇ラジオ放送玉音放送)を通して、国民に終戦を知らせた

 


漢字の読み方

 

世界恐慌:せかいきょうこう

 

満州事変:まんしゅうじへん

犬養毅:いぬかいつよし

 

国家総動員法:こっかそうどういんほう

大政翼賛会:たいせいよくさんかい

 

枢軸国:すうじくこく

・大東亜共栄圏:だいとうあきょうえいけん

真珠湾:しんじゅわん

東条英機:とうじょうひでき

学徒出陣:がくとしゅつじん

勤労動員:きんろうどういん

疎開:そかい