中学歴史:昭和時代②戦後(ざっくり)

昭和時代・戦後

・1926~1989年

(戦前:1926~1945年)

(戦後:1945~1989年)

 

0.昭和時代の流れ・戦後

・世界:冷戦

・日本経済:復興→高度経済成長→安定成長→バブル経済

 

 

1.占領下の日本

・日本は連合国軍最高司令官総司令部GHQ)による間接統治のもとにおかれた

 ※マッカーサー:GHQの最高司令官

沖縄県小笠原諸島アメリカ軍が直接統治した

北方領土ソ連が占領

 

②民主化

・選挙権の拡大:満20歳以上のすべての男女に保障された

財閥解体:大企業を分割

労働組合法:労働者の団結権を保障

労働基準法:労働条件の最低基準を定めた

農地改革:農村で実施

  

日本国憲法の制定

・公布:1946年11月3日

・施行:1947年5月3日

・3つの基本原理:国民主権基本的人権の尊重平和主義

天皇:日本国と日本国民統合の象徴と規定

  

 

2.戦後世界の動き

国際連合の成立1945年10月

安全保障理事会:国際連合の主要機関の1つ

 常任理事国アメリカ、イギリス、フランス、ソ連、中国の5か国

 →この5か国は拒否権を有する

 

冷戦(冷たい戦争)

西側陣営アメリカを中心とする資本主義国の陣営

東側陣営ソ連を中心とする社会主義国の陣営

  

③各国の状況

ⅰ.ドイツ

東ドイツ西ドイツに分かれる

ベルリンの壁「冷戦の象徴」とよばれた

 

ⅱ.中国

・1949年、中華人民共和国が成立:毛沢東を主席とする社会主義国

 

ⅲ.朝鮮半島

朝鮮戦争…1950年、北朝鮮が韓国に侵攻。1953年に休戦

  

④アジア・アフリカ諸国の動き

・1955年、アジア・アフリカ会議インドネシアバンドンで開催

 

 

3.占領政策の転換

①特需景気

・1950年、朝鮮戦争が始まる:アメリカ軍が大量の軍需物資を日本で調達

 →日本は好景気となり、経済復興が早まった

 

②再軍備

・1950年、警察予備隊の設置

 →1954年に自衛隊となった

 

③日本の独立回復と安保条約

ⅰ.サンフランシスコ平和条約

・1951年、吉田茂内閣が48か国との間で調印

・1952年に発効し、日本は独立を回復

 ※沖縄県などは引き続きアメリカの統治下におかれ、のちに返還された

 

ⅱ.日米安全保障条約

・1951年、吉田茂内閣がアメリカとの間で調印

・1960年に改定

 

  

4.日本の外交

①日本の国際社会への復帰

日ソ共同宣言:1956年に調印し、ソ連と国交を回復

 →同年、国際連合に加盟

 

②近隣諸国との外交

日韓基本条約:1965年に調印。韓国と国交正常化

日中共同声明:1972年に発表。中国(中華人民共和国)と国交正常化

日中平和友好条約:1978年、中国との間で調印

 

沖縄の日本復帰

・1972年、アメリカから返還が実現

 

非核三原則

核兵器を「持たず、つくらず、持ちこませず」という国の方針

 

 

5.戦後の日本経済

①高度経済成長

・1955年から1973年まで続いた

 

東海道新幹線の開通:1964年、東京・大阪間に開通する

東京オリンピック:1964年、アジアで初の開催

 

②高度経済成長の終わり

・1943年、石油危機オイル・ショック)の発生

 →先進工業国は不況となり、日本の高度経済成長も終わった

 

③公害問題の深刻化と対応

四大公害裁判水俣病、新潟水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜんそく

・1967年、公害対策基本法の制定:公害の深刻化に対応

 →1993年、環境基本法が制定

・1971年、環境庁設置

 →2001年、環境省となった

 

 

6.冷戦の終結

・1989年、ドイツベルリンの壁が取り壊される

・1989年、アメリカ・ソ連の首脳が冷戦の終結を宣言

・1990年、東西に分かれていたドイツが統一

・1991年、ソ連が解体

 


漢字の読み方

 

連合国軍最高司令官総司令部:れんごうこくぐんさいこうしれいかんそうしれいぶ

財閥解体:ざいばつかいたい

象徴:しょうちょう 

  

安全保障理事会:あんぜんほしょうりじかい

常任理事国:じょうにんりじこく

毛沢東:もうたくとう

 

・特需景気:とくじゅけいき

警察予備隊:けいさつよびたい

自衛隊:じえいたい

吉田茂:よしだしげる

  

水俣病:みなまたびょう