中学歴史:戦国時代、安土桃山時代(ざっくり)

戦国時代

・年代:1467~1590年

(応仁の乱~秀吉の天下統一)

 

安土桃山時代

・年代:1573~1603年

(室町幕府の滅亡~江戸幕府の成立)

 

0.戦国時代、安土桃山時代の流れ

・ヨーロッパ人の来航

・織田信長

・豊臣秀吉

 

1.ヨーロッパ人の来航

鉄砲の伝来

・1543年、種子島に漂着したポルトガル人が伝える

 

キリスト教の伝来

・1549年、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル鹿児島に上陸して伝える

 

キリシタン大名の出現

・キリスト教を信仰した大名

→4人の少年使節をローマ教皇のもとへ派遣 

 

南蛮貿易

南蛮人とよばれたスペイン人ポルトガル人との貿易

 

2.織田信長の統一事業

・1560年、桶狭間の戦い今川義元を破る

・1573年、室町幕府の15代将軍足利義昭を京都から追放し、室町幕府をほろぼす

・1575年、長篠の戦い鉄砲を効果的に使い、武田氏に勝利

安土城:琵琶湖のほとり(滋賀県)に築き、拠点とする

楽市・楽座…座を廃止し、市の税を免除した

 ※目的:商工業を盛んにするため

関所の廃止:自由な往来を許した

キリスト教を保護。仏教勢力とは対立

・1582年、本能寺の変…家臣の明智光秀が反乱を起こし、信長は自害

 

3.豊臣秀吉の統一事業

①統一事業

・本能寺の変の直後、明智光秀をたおす

 →織田信長の後継者となる

大阪城を築き、拠点とする

・朝廷から関白に任命される

豊臣姓を与えられる

1590年天下統一を達成

 

②豊臣秀吉の政策

ⅰ.太閤検地の実施

・田畑の面積や収穫高を調べ、予想される収穫量を石高で示した

 

ⅱ.刀狩

・農民から刀や鉄砲などの武器を取り上げた

 →目的:農民の一揆を防ぎ、耕作に専念させるため

 

ⅲ.兵農分離

太閤検地刀狩を通して、武士と農民の身分の区別が明確になったこと

 

ⅳ.朝鮮出兵

・明の征服をめざし、朝鮮に2度出兵した

 →1598年、豊臣秀吉の死去にともない引きあげ

 

4.桃山文化

①特徴

・戦国大名や大商人の権力・富を背景とした、豪華で壮大な文化

 

②おもな建築、芸術など

・城には壮大な天守閣がつくられた

 例)安土城大阪城姫路城(白鷺城)

 

・「唐獅子図屏風」:狩野永徳の代表作

千利休が茶の湯を大成し、わび茶を完成させた

かぶき踊り:女性の出雲の阿国が始めた

 →江戸時代の歌舞伎のもととなった

 

 


漢字の読み方

  

 

鉄砲:てっぽう

種子島:たねがしま

南蛮貿易:なんばんぼうえき

 

織田信長:おだのぶなが

・桶狭間の戦い:おけはざまのたたかい

・今川義元:いまがわよしもと

・足利義昭:あしかがよしあき

長篠の戦い:ながしののたたかい

安土城:あづちじょう

楽市・楽座令:らくいち・らくざれい

本能寺の変:ほんのうじのへん

・明智光秀:あけちみつひで

 

関白:かんぱく

太閤検地:たいこうけんち

石高:こくだか

刀狩:かたながり

 

・天守閣:てんしゅかく

・姫路城(白鷺城):ひめじじょう(しらさぎじょう)

・唐獅子図屏風:からじしずびょうぶ

狩野永徳:かのうえいとく

千利休:せんのりきゅう

出雲の阿国:いずものおくに

・歌舞伎:かぶき