· 

中学歴史:奈良時代(ざっくり)

ポイント

奈良時代は税制度の確立や歴史書の編さんなど、国家のかたちが整えられた時代です。班田収授法が実施され、人々はなどを負担しました。聖武天皇の時期を中心に天平文化がさかえました。


奈良時代

・年代:710~794年

 

1.平城京に都を移す

710年の都長安にならって、奈良につくられた都

奈良時代平安京に都を移すまでの80年あまりの時代

和同開珎が貨幣として使用された

 

2.奈良時代の人々の負担

・人々は6年ごとにつくられる戸籍に登録された

班田収授法:戸籍に登録された6歳以上の男女口分田が与えられ、死後に国に返す制度

 

を納める

調…地方の特産物を納める

兵役防人として九州北部の防衛

 

3.歴史書・地理書の編さん

古事記日本書紀

・神話・記録・伝承などをもとにまとめた歴史書

 

風土記

・地方の国ごとに、神話・自然・産物・伝承などをまとめさせた

 

4.土地政策の変化

・743年、墾田永年私財法

 …新しく開墾した土地を永久に私有することを認めた

 ※聖武天皇のとき

 

5.天平文化

①特徴

聖武天皇の時代にもっとも栄えた奈良時代の文化

遣唐使がもたらした唐(中国)の文化や仏教の影響を受けた、国際色豊かな文化

遣唐使…唐の文化や制度を学ぶために派遣。唐からさまざまな文物を持ち帰った

 

②聖武天皇の政策

・都:東大寺を建て、大仏をつくった

・国ごと:国分寺国分尼寺を建てた

※目的・理由:仏教の力で国家を守るため

 

③建築、文学など

ⅰ.東大寺の正倉院

・多くの宝物、聖武天皇ゆかりの美術工芸品が納められた

 

ⅱ.鑑真

の僧。何度も遭難し失明しながらも来日

→奈良に唐招提寺を建立

 

ⅲ.万葉集

・現存する日本最古の歌集。奈良時代の末に成立

 ※防人の歌も収録されている


漢字の読み方

 

平城京:へいじょうきょう

・長安:ちょうあん

・和同開珎:わどうかいちん

班田収授法:はんでんしゅうじゅのほう

口分田:くぶんでん

:そ

 ※漢字ミス注意:「祖」は×

調:ちょう

防人:さきもり

 

古事記:こじき

日本書紀:にほんしょき

 ※漢字ミス注意:古事記は「記」、日本書紀は「紀」

風土記:ふどき

墾田永年私財法:こんでんえいねんしざいのほう

聖武天皇:しょうむてんのう

 

遣唐使:けんとうし

東大寺:とうだいじ

国分寺:こくぶんじ

・国分尼寺:こくぶんにじ

正倉院:しょうそういん

鑑真:がんじん

・唐招提寺:とうしょうだいじ

万葉集:まんようしゅう

防人の歌:さきもりのうた


前:飛鳥時代 

次:平安時代 

 

ざっくり中学歴史にもどる

 

中学社会にもどる