中学歴史:明治時代③(ざっくり)

明治時代・続き

  

 

7.韓国併合と辛亥革命

①韓国の植民地化

韓国併合:1910年、日本は韓国を併合

 →朝鮮総督府を設置し、武力を背景に統治

 

②中国の革命運動

辛亥革命:1911年。孫文が革命を主導。清を倒して近代国家の建設をめざした

中華民国の成立:1912年。孫文が臨時大総統に就任

 →その後、袁世凱が大総統の地位をゆずり受け、独裁的な政治を行う

 

8.日本の産業革命と公害問題

①1880年代半ば~

軽工業を中心に発展

 

②日清戦争前後(1890年代半ば)~

重化学工業の発展

下関条約で得た賠償金をもとに、北九州に官営八幡製鉄所を建設

 →1901年、操業を開始

 ※財閥の登場:三井三菱住友安田などの資本家が成長して成立

 

③公害問題

足尾銅山鉱毒事件(栃木県)

 →地元の衆議院議員田中正造が問題解決に努力

 

※日本の社会主義の動向

大逆事件:1910年、社会主義者らを逮捕

 →幸徳秋水らが死刑となった

 

 

9.明治時代の文化

①日本画

横山大観:代表作は「無我」など

 

②西洋画

黒田清輝:フランスに留学。代表作は「湖畔」、「読書」など

 

③音楽

滝廉太郎:「荒城の月」「花」などを作曲。洋楽の道を開いた

 

④文学

与謝野晶子:詩や短歌を多く残した女流歌人。歌集「みだれ髪」など

 ※日露戦争で出征した弟を思い、「君死にたまふことなかれ」という詩をよんだ。

樋口一葉:女性の小説家。代表作は「たけくらべ」など

夏目漱石:小説家。代表作は「吾輩は猫である」、「坊っちゃん」など

森鷗外:軍医・小説家。代表作は「舞姫」など

石川啄木:歌人・詩人。代表作は「一握の砂」など

 

⑤医学

野口英世:細菌学者。黄熱病の研究中に自らも感染し、病死

 


漢字の読み方

 

・韓国併合:かんこくへいごう

・朝鮮総督府:ちょうせんそうとくふ 

辛亥革命:しんがいかくめい

孫文:そんぶん

中華民国:ちゅうかみんこく

袁世凱:えんせいがい

 

八幡製鉄所:やはたせいてつじょ

財閥:ざいばつ

・三井:みつい

・三菱:みつびし

・住友:すみとも

・安田:やすだ

足尾銅山鉱毒事件:あしおどうざんこうどくじけん

田中正造:たなかしょうぞう 

大逆事件:たいぎゃくじけん

幸徳秋水:こうとくしゅうすい

 

横山大観:よこやまたいかん

・無我:むが

黒田清輝:くろだせいき

・湖畔:こはん

滝廉太郎:たきれんたろう

・荒城の月:こうじょうのつき

樋口一葉:ひぐちいちよう

夏目漱石:なつめそうせき

森鷗外:もりおうが

・舞姫:まいひめ

石川啄木:いしかわたくぼく

・一握の砂:いちあくのすな

野口英世:のぐちひでよ