中学歴史:明治時代①(ざっくり)

明治時代

・年代:1868~1912年

 

0.明治時代の流れ

・戊辰戦争

・新しい国家づくり

・自由民権運動

・大日本帝国憲法

・日清・日露戦争、条約改正

・韓国併合

 

 

1.近代国家の確立

戊辰戦争

・新政府軍と旧幕府軍の戦い

 →新政府軍が勝利

 

明治維新

ⅰ.五箇条の御誓文

・1868年3月、天皇が神に誓う形式で新政府の基本方針を示す

 

 

ⅱ.中央集権国家の建設

版籍奉還…1869年、全国の藩主(旧大名)が、土地と人民を天皇に返上した

廃藩置県…1871年、全国の藩を廃止し、府や県を設置

 

 

③富国強兵

ⅰ.学制:1872年

・6歳以上の男女すべてに教育を受けさせることとした

 

ⅱ.徴兵令:1873年

・満20歳になった男子に兵役の義務を負わせた

 

ⅲ.地租改正:1873年~

・土地の所有者に地券を交付

・課税の基準を、収穫高から地価に変更

地租の税率は地価のとし、土地の所有者が現金で納めることとした

 

 

2.近代化と発展

文明開化

・欧米の文化が取り入れられ、都市を中心に伝統的な生活様式が西洋化した

 例)人力車馬車ガス灯洋服

 

鉄道の開通

 

②新しい思想

福沢諭吉「学問のすゝめ」で、人間の平等や民主主義を紹介

中江兆民ルソー(フランス)の民主主義思想を紹介

 →自由民権運動に影響を与えた

 

③殖産興業

官営模範工場官営工場)の設立

 例)富岡製糸場(群馬県)

 

 

3.近代的な国際関係

①岩倉使節団の派遣:1871~1873年

・全権大使:右大臣岩倉具視

 ※ほかに大久保利通木戸孝允ら政府の有力者も参加

 

 

・使節の目的

 江戸幕府が結んだ不平等条約の改正交渉

 欧米の進んだ産業・経済・政治状況の視察

 →日本の国力充実の必要性を痛感して帰国

 

②中国との関係

・1871年、日清修好条規:清と対等な条約を結ぶ

 

③朝鮮との関係

征韓論…武力で朝鮮に開国をせまろうという主張

 →岩倉使節団に参加していた大久保利通らが帰国し、これに反対

 →西郷隆盛板垣退助らは政府を去った(1873年)

 

江華島事件…1875年、日本と朝鮮の武力衝突

 →日朝修好条規…1876年、朝鮮を開国させた

  ※朝鮮にとって不平等な内容

 

 

⑤北海道の開拓

・役所:開拓使を設置

屯田兵が開拓を行う

・先住民のアイヌ民族は土地や漁場をうばわれた

 

⑥沖縄

・1872年、琉球王国を琉球藩とした

・1879年、琉球藩を廃止し、沖縄県を設置

 ※琉球処分:琉球を沖縄県として日本に組み込む一連の政策

 

 


漢字の読み方

  

戊辰戦争:ぼしんせんそう

明治維新:めいじいしん

五箇条の御誓文:ごかじょうのごせいもん

版籍奉還:はんせきほうかん

廃藩置県:はいはんちけん

学制:がくせい

徴兵令:ちょうへいれい

地租改正:ちそかいせい

福沢諭吉:ふくざわゆきち

中江兆民:なかえちょうみん

殖産興業:しょくさんこうぎょう

・官営模範工場:かんえいもはんこうじょう

富岡製糸場:とみおかせいしじょう

 

岩倉具視:いわくらともみ

・大久保利通:おおくぼとしみち

・木戸孝允:きどたかよし

日清修好条規:にっしんしゅうこうじょうき

征韓論:せいかんろん

西郷隆盛:さいごうたかもり

板垣退助:いたがきたいすけ

江華島事件:こうかとうじけん

・開拓使:かいたくし

・屯田兵:とんでんへい