· 

中学歴史:建武の新政、室町時代①(ざっくり)

ポイント

後醍醐天皇による建武の新政はすぐに終わり。その後、足利尊氏室町幕府を開き、3代目の足利義満勘合貿易を行いました。この時代は農業や商業など各種産業も発展しました。


◆建武の新政

・年代:1333~1336年

 

◆室町時代

・年代:1336~1573年

 ※南北朝時代:1336~1392年

 ※戦国時代:1467~1590年

 

0.建武の新政~室町時代の流れ

・建武の新政:すぐに失敗

・足利尊氏が幕府を開く

 →南北朝の動乱の始まり

 

・南北朝の統一南北朝の動乱が終わる

・応仁の乱

 →戦国時代の始まり

 

さまざまな一揆が起こる

・室町幕府の滅亡

 

1.建武の新政

後醍醐天皇による天皇中心の政治

・公家重視の政策:武士の不満が高まる

足利尊氏が後醍醐天皇に反対して兵をあげ、新政は2年余りで失敗に終わる

 

2.室町幕府の成立

・1336年、足利尊氏が京都に幕府を開く

 →1338年、征夷大将軍に任命される

管領…将軍の補佐役。有力な守護(守護大名)が就任

守護:鎌倉時代に比べて、権限が大きく拡大

 →守護大名とよばれるようになった

 

南北朝の動乱

後醍醐天皇吉野(奈良県)にのがれる(南朝)

 →京都の朝廷(北朝)と対立

・1392年、3代将軍足利義満のときに統一

 

 

3.近隣諸国との関係

日明貿易(勘合貿易)

が倭寇の取りしまりを日本に求める

 →足利義満は倭寇を禁止

 ※倭寇:日本・中国・朝鮮などの海域で活動していた海賊

 

勘合…貿易に使用された合い札

※使用目的・理由:正式な貿易船と倭寇とを区別するため

 

②日朝貿易

・朝鮮も日本に倭寇の取りしまりと貿易を求めた

 →足利義満や西日本の守護大名が応じた

 

琉球王国の成立

・1429年、尚氏が琉球王国を建国

→首里を都とし、中継貿易で栄えた

 

4.各種産業の発達

①農業

二毛作全国に広がった

 

②運送業・商業

ⅰ.馬借

・馬の背に物資をのせて運んだ運送業者

 

ⅱ.

・同業者ごとの団体。営業を独占

 ※公家や寺社に銭を納め、保護を受けた

 

ⅲ.定期市()

・月に6回開かれるようになった

 

③村の自治

…農村の自治組織

 →寄合(村民の会議)を開き、村のおきてを定めた

土一揆を起こし、幕府に徳政令の発令を要求することもあった


漢字の読み方

建武の新政:けんむのしんせい

管領:かんれい

・南朝:なんちょう

・北朝:ほくちょう

足利義満:あしかがよしみつ

日明貿易:にちみんぼうえき

勘合貿易:かんごうぼうえき

倭寇:わこう

琉球王国:りゅうきゅうおうこく

中継貿易:なかつぎぼうえき

 

馬借:ばしゃく

:そう

寄合:よりあい

土一揆:つちいっき(どいっき)


前:鎌倉時代② 

次:室町時代② 

 

ざっくり中学歴史にもどる

 

中学社会にもどる