中学歴史:鎌倉時代②(ざっくり)

鎌倉時代・続き

 

 

4.鎌倉文化

①建築・文学

東大寺南大門:門の左右には金剛力士像が置かれている

・「新古今和歌集」…編集を担当した藤原定家らの和歌を収録

・「平家物語」…源平の争乱や平氏の繁栄と没落をえがいた軍記物

 →琵琶法師によって語り伝えられた

・「方丈記」…鴨長明の随筆集

・「徒然草」…兼好法師吉田兼好)の随筆集

 

②鎌倉時代の新しい仏教

浄土宗法然

 →「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えることを説いた

 

浄土真宗一向宗):親鸞(法然の弟子)

 →悪人こそ救われる、と説いた

 

時宗一遍

 →踊念仏による布教を展開した

 

日蓮宗日蓮

 →法華経の題目「南無妙法蓮華経」を唱えることを説いた

 

禅宗:座禅によって自分で悟りを開こうとする

 ・臨済宗栄西

  →幕府の保護を受けて発展した

 

 ・曹洞宗道元

  →ひたすら座禅を行うことを説いた

 

 

5.元寇

フビライ・ハン

・モンゴル帝国を建国したチンギス・ハンの孫

・国号をとする

・日本に対して従属を求めるが、鎌倉幕府の8代執権北条時宗は拒否

 →元は2度にわたって日本をおそった

 

②2度の襲来

ⅰ.1274年、1度目の戦い

・元:集団戦法火薬を使った武器

・日本:御家人たちは苦戦(一騎打ち)

・暴風雨により元軍は引き上げた

 

ⅱ.1281年、2度目の戦い

・幕府が海岸に築かせた石塁防塁

 →元軍は上陸すらできず

・またも暴風雨により元軍は引き上げた

 

 

6.鎌倉幕府の衰退

ⅰ.苦しくなる御家人の生活

・理由①:分割相続によって御家人の領地が小さくなった。

・理由②:元寇での戦いに対する恩賞が不十分

 ※外国との戦いのため、新たな土地が得られなかった

 

ⅱ.御家人の救済

・1297年、徳政令永仁の徳政令

・目的:生活の苦しい御家人を救うため 

・内容:借金の帳消しや、御家人が失った土地をただで取り戻させた

・結果:かえって経済が混乱。幕府への不満が高まる

 

ⅲ.悪党の出現

・荘園領主に年貢を納めず、幕府にも従わない、新興の武士などの集団

 

 

7.鎌倉幕府の滅亡

後醍醐天皇が政治の実権を朝廷に取り戻そうとして、幕府をたおす計画

・有力御家人の足利尊氏らも協力

 

 →1333年、鎌倉幕府がほろぶ

 


漢字の読み方

 

東大寺南大門:とうだいじなんだいもん

金剛力士像:こんごうりきしぞう

・藤原定家:ふじわらのさだいえ(ふじわらのていか)

琵琶法師:びわほうし

方丈記:ほうじょうき

鴨長明:かものちょうめい

徒然草:つれづれぐさ

兼好法師吉田兼好):けんこうほうし(よしだけんこう)

浄土宗:じょうどしゅう

法然:ほうねん

・南無阿弥陀仏:なむあみだぶつ

浄土真宗一向宗):じょうどしんしゅう(いっこうしゅう)

・親鸞:しんらん

時宗:じしゅう

・一遍:いっぺん

・踊念仏:おどりねんぶつ

・日蓮宗:にちれんしゅう

南無妙法蓮華経:なむみょうほうれんげきょう

禅宗:ぜんしゅう

・臨済宗:りんざいしゅう

・栄西:えいさい

・曹洞宗:そうとうしゅう

・道元:どうげん

 

元寇:げんこう

北条時宗:ほうじょうときむね

・石塁(防塁):せきるい(ぼうるい)

 

・永仁の徳政令:えいにんのとくせいれい

悪党:あくとう

 

後醍醐天皇:ごだいごてんのう

足利尊氏:あしかがたかうじ