中学歴史:江戸時代①(ざっくり)

江戸時代

・年代:1603~1867年

 

0.江戸時代の流れ

・江戸幕府開く

・鎖国の完成

・元禄時代

・享保の改革

・田沼の政治

・寛政の改革

・天保の改革

・開国

・大政奉還

 

 

1.江戸幕府の成立

①幕府の成立

関ヶ原の戦い:1600年、東軍の徳川家康が西軍の石田三成に勝利

・1603年、徳川家康が征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開く

 

②大名の統制

ⅰ.武家諸法度

・1615年発令。大名を統制する法令

 

ⅱ.参勤交代

・3代将軍徳川家光のときに制度化

・大名は1年おきに領地と江戸を往復する

・大名の妻子は人質として江戸の屋敷に住む

・幕府の目的:大名の経済力を弱め、反乱を起こさせないため

 

朱印船貿易

徳川家康朱印状を発行(海外渡航の許可証)

 →西日本の大名や商人が朱印船を送る

 ・東南アジア各地に日本町が形成された

 

 

2.鎖国政策

島原・天草一揆島原の乱

・1637年、キリスト教徒の多い九州でおこった

天草四郎益田時貞)を大将とする大規模な一揆

・鎮圧後、絵踏を強化

 →目的:キリスト教徒を見つけるため

 

鎖国の完成

・1639年、ポルトガル船の来航を禁止

 ※3代将軍徳川家光のとき

 

 

③鎖国下の対外関係

ⅰ.長崎

オランダ中国)のみと貿易

出島:長崎につくられた扇形の人工島。オランダはここでのみ貿易を認められた

 

ⅱ.対馬藩の宗氏

・朝鮮との外交・貿易を担当

・将軍の代がわりなどに、朝鮮から朝鮮通信使が江戸を訪れた

 

ⅲ.薩摩藩の島津氏

・17世紀初め、琉球王国を武力で征服し服属させる

 

ⅳ.松前藩の松前氏

アイヌ民族との交易を独占

 

 

3.産業・交通の発展

①農村と農業

五人組の制度:犯罪防止や年貢の納入に連帯責任を負った

新田開発:幕府や藩がさかんに行い、耕地を拡大

・新しい農具

 →備中ぐわ:深くたがやすのに便利

  千歯こき:脱穀を効率的に行える

 

②陸上交通

五街道の整備:江戸を起点とする東海道中山道など5つの街道

 

③海上交通

西廻り航路東廻り航路

 

三都の発展

江戸大阪京都

大阪:商業の中心地。「天下の台所」とよばれた

 →各藩が蔵屋敷を建て、年貢米や特産物を販売

 

⑤商業

株仲間…商人が結成した同業者組織。営業を独占

 


漢字の読み方

 

関ヶ原の戦い:せきがはらのたたかい

武家諸法度:ぶけしょはっと

参勤交代:さんきんこうたい

徳川家光:とくがわいえみつ

朱印船貿易:しゅいんせんぼうえき

日本町:にほんまち

 

島原・天草一揆島原の乱):しまばら・あまくさいっき(しまばらのらん)

・天草四郎(益田時貞):あまくさしろう(ますだときさだ)

絵踏:えぶみ

鎖国:さこく

出島:でじま

通信使:つうしんし

 

五人組:ごにんぐみ

新田開発:しんでんかいはつ

備中ぐわ:びっちゅうぐわ

千歯こき:せんばこき

五街道:ごかいどう

東海道:とうかいどう

・中山道:なかせんどう

・西廻り航路:にしまわりこうろ

・東廻り航路:ひがしまわりこうろ

三都:さんと

蔵屋敷:くらやしき

株仲間:かぶなかま