· 

中学歴史:飛鳥時代(ざっくり)

ポイント

飛鳥時代は、聖徳太子の政治に始まる時代です。その後、大化の改新という大きな政治改革が行われました。さらに、白村江の戦い壬申の乱などの混乱をへて、大宝律令が制定されて律令国家の成立をむかえます。


飛鳥時代

・年代:592年~710年

 

1.聖徳太子(厩戸皇子)の政治

冠位十二階の制度

・家柄にとらわれず、能力や功績のある人物に冠位を与え、役人にとりたてる制度

 

十七条の憲法憲法十七条

・役人の心構えを示した

仏教儒教の考え方を取り入れている

・天皇中心の政治をめざす

 

遣隋使

・607年、小野妹子らをに派遣

 

2.飛鳥文化

法隆寺聖徳太子が建立

※現存する世界最古の木造建築物

 

 

3.大化の改新

645年中大兄皇子中臣鎌足らが蘇我をほろぼした

 →政治改革を始めた(大化の改新)

 

4.中大兄皇子の政治

・663年、白村江の戦い:日本は唐・新羅の連合軍に敗れた

・その後、即位して天智天皇となった

 

5.壬申の乱

・この戦いに勝利した天武天皇が即位

 

 

6.律令国家の成立

701年大宝律令の制定 


漢字の読み方

聖徳太子厩戸皇子):しょうとくたいし(うまやどのおうじ)

冠位十二階の制度:かんいじゅうにかいのせいど

十七条の憲法憲法十七条):じゅうしちじょうのけんぽう(けんぽうじゅうしちじょう)

遣隋使:けんずいし

小野妹子:おののいもこ

 

法隆寺:ほうりゅうじ

中大兄皇子:なかのおおえのおうじ

中臣鎌足:なかとみのかまたり

蘇我氏:そがし

白村江の戦い:はくすきのえのたたかい(はくそんこうのたたかい)

新羅:しらぎ

天智天皇:てんじてんのう

壬申の乱:じんしんのらん

天武天皇:てんむてんのう

大宝律令:たいほうりつりょう

 ※漢字ミス注意:「太宝」は×


前:古墳時代 

次:奈良時代 

 

ざっくり中学歴史にもどる

 

中学社会にもどる