中学地理:東北地方(ざっくり)

1.自然・気候

①地形

奥羽山脈:東北地方の中央部を南北に走る

仙台平野:北上川下流部に広がる

庄内平野:最上川下流部に広がる。米の生産が多い

三陸海岸:岩手県など。その南部はリアス海岸となっている

 

②気候

太平洋側

やませ…太平洋側に吹く北東からの冷たい風。梅雨から夏の時期に吹く

 ※寒流の親潮千島海流)の影響で、冷やされた空気が流れてくる

 →冷害が発生し、農業に被害を及ぼすことも

 

日本海側

・冬は北西の季節風の影響で雪が多い(日本海側の気候

 

 

2.農業

①稲作

・東北地方は日本の穀倉地帯

・秋田平野、庄内平野、仙台平野などでさかん

 

②果実の生産

りんご青森県が全国1位(全体の約50%)

さくらんぼ山形県が全国1位(全体の約70%)

 

 

3.漁業

潮目

・暖流と寒流がぶつかるところ

・プランクトンが多いため、魚も多く集まる

三陸海岸の沖に潮目があり、好漁場となっている

 

 

4.工業

IC集積回路

 :高速道路東北自動車道)や空港沿いに工場が多く進出

 

自動車

 :高速道路沿いに工場が多く進出

 

 

5.伝統産業と伝統的工芸品

・岩手県の南部鉄器

 

 

6.宮城県について

仙台市

・人口100万をこえる東北地方最大の都市

・政令指定都市、地方中枢都市