中学地理:時差(ざっくり)

1.時差について

①日本の標準時

東経135の経線

※兵庫県明石市を通る

 

②時差の生じ方

経度15度の差で、1時間の時差が生じる

 

 

2.2地点間の時差計算について

手順

①:「2地点間の経度差」を求める

②:①の経度差をもとに、「2地点間の時差」を求める

③:片方の地点の時刻をもとに、もう片方の地点の時刻を求める

 

 

以下、具体的に

①「2地点間の経度差」の求め方

東経どうし、西経どうしの経度差 →引き算

東経と西経の経度差 →足し算

 

注意:日付変更線(ほぼ経度180度)をまたいで経度差を求めないこと

※ミスのもとになるため

 

 

②2地点間の時差の求め方

公式

・時差=「2地点間の経度差」÷15

※①で求めた2地点間の経度差を15で割る

 

 

③時刻を求める

A地点の時刻をもとに、②で求めた時差を加味して、B地点の時刻を求める

・B地点がA地点より東にある場合

 →東へ進む場合は、時計を進める

 

・B地点がA地点より西にある場合

 →西へ進む場合は、時計を遅らせる

 

 

 

 

 

3.例題:次の時差を求めなさい。

※計算手順:経度差を求めてから、15で割って時差を求める

※具体的な時刻を求める必要はない。ここでは手順①・②までやる。

 

問1 東経90度と東経15度の経度差と時差

 

 

問2 西経120度と西経30度の経度差と時差

 

 

問3 日本と東経30度の経度差と時差

 

 

問4 東経30度と西経90度の経度差と時差

 

問5 日本と西経120度の経度差と時差

 

 

 

計算式と解答

※経度差は、東経どうし・西経どうしは引き算、東経と西経は足し算で求める

 

問1 東経90度と東経15度の経度差と時差

・経度差:90-15=75

・時差:75÷15=時間

 

問2 西経120度と西経30度の経度差と時差

・経度差:120-30=90

・時差:90÷15=時間

 

問3 日本と東経30度の経度差と時差

・経度差:135-30=105

・時差:105÷15=時間

※日本の標準時は東経135度

 

問4 東経30度と西経90度の経度差

・経度差:30+90=120

・時差:120÷15=時間

 

問5 日本と西経120度の経度差

・経度差135+120=255

・時差:255÷15=17時間