中学地理:中国・四国地方(ざっくり)

1.中国・四国地方の気候

中国山地より北:山陰

日本海側の気候:冬は北西からの季節風で雪や雨が多い

 

中国山地と四国山地にはさまれた地域:瀬戸内

瀬戸内の気候:年間を通じて温暖で、降水量が少ないため、水不足になりやすい

 →ため池・用水路:かんがい用に整備。農業に利用

 

四国山地より南:南四国

黒潮日本海流)の影響で1年を通して温暖

太平洋側の気候:南東の季節風、台風の影響で降水量が多い

 

2.中国・四国地方の工業

瀬戸内工業地域

石油化学コンビナート岡山県倉敷市など

・臨海部に工場が多く立地:原料の輸入と製品の輸出に便利なため

 

3.交通網の整備

①本州四国連絡橋

・本州と四国をつなぐ3本のルート

瀬戸大橋明石海峡大橋瀬戸内しまなみ海道

 

②高速道路

中国自動車道など

 

4.各県の特徴

①高知県

高知平野促成栽培を実施

 ※温暖な気候を利用(沖を暖流の黒潮日本海流)が流れる)

 

②愛媛県

みかんの栽培がさかん

 

③香川県

・面積が全国で最小

 

④広島県

・広島市:川の河口に三角州が広がり、都市を形成

・広島市の人口は100万人をこえる

かきの養殖がさかん

 

⑤鳥取県

なしの栽培がさかん

鳥取砂丘らっきょうメロンの栽培がさかん