中学地理:日本の気候(ざっくり)

 

0.前提

・東京の年間平均気温:約15℃

・東京の年間降水量:約1500mm

を標準の数字としておさえておくとよい


1.北海道の気候

・北海道に分布

 ※冷帯亜寒帯に属す

 

・気温:全体的に低い

 

・降水量:全体的に少ない

(年間約1000mm)

※梅雨がない。台風も少ない

 

 

 

 

 

 

 


2.南西諸島の気候

 

・沖縄、小笠原諸島などに分布

亜熱帯:熱帯に近い温帯

 

・気温:全体的に高い

 

・降水量:全体的に多い

(年間約2000mm)

 

 

 

 

 

 


3.日本海側の気候

・本州の日本海側に分布

 

・気温:普通

 

・降水量:冬の降水量(雪)が多い

(多いところでは年間2000mm以上)

 ※12月・1月の降水量が多い

 

・冬に雪が多く降る

→理由:冬に北西から吹く[季節風]の影響を受けるから

 

 

 

 


4.太平洋側の気候

・本州・四国地方の太平洋側、九州地方の大部分に分布

 

・気温:普通

 

・降水量:普通(約1500mm)

 

梅雨台風の時期(6月・9月ごろ)の降水量が比較的多い。) 

 


5.中央高地の気候(内陸の気候)

・本州の内陸部(中部地方の一部)に分布

 

・気温:冬は低め(標高が高いから)

 ※夏と冬の気温差が大きい

 

・降水量:少ない(約1000mm)


6.瀬戸内の気候

・瀬戸内海周辺に分布

 

・気温:普通

 

・降水量:少ない(約1000mm)


雨温図による判別方法

 

気候種類  気温  降水量

北海道   低い  少ない

南西諸島  高い  多い

日本海側  普通  冬多い

太平洋側  普通  普通

中央高地  冬低め 少ない 

瀬戸内   普通  少ない

 

赤字部分に注目して判別する