中学地理:ヨーロッパ州(ざっくり)

1.ヨーロッパ州の気候・自然

日本より高緯度だが比較的温暖

 理由:暖流の北大西洋海流と、偏西風の影響のため

 

フィヨルド…氷河によってけずられた谷に海水が深く入り込んだ、奥行きのある湾

 ヨーロッパ北部のスカンディナビア半島にみられる

ライン川:物資の運送にも使われる国際河川

 

2.ヨーロッパ州の宗教

キリスト教が中心

 

3.ヨーロッパの農業

地中海式農業

・おもな地域:地中海沿岸。イタリア・スペインなど

・夏:乾燥に強いオレンジオリーブなどの果実を栽培

・冬:降水量を生かし、小麦を栽培

 ※地中海性気候に適応した農業

 

混合農業

・おもな地域:ヨーロッパ北西部・東部

穀物栽培:小麦・ライ麦

家畜の飼育:豚や牛

 

酪農

・おもな地域:ヨーロッパ北部。デンマーク・オランダなど

・乳牛を飼育し、バターチーズを生産

 

4.ヨーロッパの統合

①歴史

・1967年、ヨーロッパ共同体EC)を結成

・1993年、ヨーロッパ連合EU)を結成

 ※当初は12か国で結成。現在の加盟国は28か国

 

②EUの政策

国境を自由に通過できる

・加盟国間の関税をなくし、貿易がさかんに

・共通通貨ユーロを導入

 

5.ヨーロッパ各国について

イギリス

産業革命:世界に先がけて鉄鋼業・機械工業が発達

北海油田の開発により、石油輸出国となる

 

フランス

EU最大の農業国

  

ドイツ

EU最大の工業国

ルール地方はヨーロッパ最大の工業地域

 ※ルール工業地域地帯)を形成

  

ロシアロシア連邦

・面積:世界1位。日本の約45倍

・人口:約1.4億人で日本より多い

・気候:冷帯亜寒帯)が中心。一部に寒帯

 

タイガ針葉樹の森林。シベリア地方に広がる