中学公民:人権①(ざっくり)

1.平等権

・すべての人間が等しい扱いを受ける権利

 

※さまざまな取り組み

男女雇用機会均等法:1985年制定

男女共同参画社会基本法:1999年制定

 

バリアフリー(化)

 例)階段に手すりやスロープを設置する

 


2.自由権

自由権の分類:①~③

精神(活動)の自由

(生命・)身体の自由

経済活動の自由

 

 

精神の自由(精神活動の自由)

※個人の内面に関する自由。思うこと、考えること、思うことを表現する自由など

 

・思想・良心の自由

・信教の自由

・集会・結社・表現の自由

・検閲の禁止:検閲(けんえつ)は表現の自由を侵害する行為であり、憲法で禁止

 ※検閲の例:国が本や雑誌の内容を事前に調べる

学問の自由

 

 

生命・身体の自由(身体の自由)

※不当に身体を拘束されない自由など

 

・命令や服従を強制されない

・不当に逮捕されない

 ※逮捕には現行犯の場合をのぞき、裁判官の発行する逮捕令状が必要

黙秘権

 

 

経済活動の自由

※生活すること、お金を使うこと・かせぐことなどに関する自由

 

・居住・移転・職業選択の自由

財産権の保障

 


3.社会権

・人間らしい生活を送る権利

※1919年、ドイツのワイマール憲法で初めて社会権生存権)が保障された

 

社会権の分類:①~④

生存権

健康文化的最低限度の生活を営む権利

 

教育を受ける権利

・能力に応じて等しく教育を受ける権利

 

③勤労の権利

 

④労働基本権(労働三権

団結権労働組合を結成する権利

団体交渉権:労働条件の改善について、使用者と対等な立場で話し合う権利

団体行動権争議権):要求を実現するためにストライキなどをおこす権利