中学公民:経済主体、消費者の権利、流通(ざっくり)

1.3つの経済主体

家計:消費活動を中心とする

企業:商品を生産する

政府:公共サービスを提供する

→互いに関係し合い、貨幣と財・サービスとを交換

 

…食品や衣類など、かたちのあるもの

サービス…医療や教育など、かたちのないもの

 

2.消費者の権利

①消費者の4つの権利

・1960年代、アメリカのケネディ大統領が示した

 

②消費者を保護するための制度や法律

クーリング・オフ(制度)

製造物責任法PL法

消費者基本法

消費者庁

 

3.流通

・生産された商品が消費者に届くまでの道すじのこと

・生産者 → 卸売業(者)→ 小売業(者)→ 消費者  


ざっくり公民 全リンク(タップすると開きます)

●01:民主的な解決方法(対立と合意、効率と公正)
板書  ・解説  ・穴うめ 

●02:日本国憲法
板書  ・解説  ・穴うめ 

●03:人権①(平等権、自由権、社会権)
板書  ・解説  ・穴うめ 

●04:人権②(参政権・請求権、新しい人権、公共の福祉、義務、人権保障の国際化)
板書  ・解説  ・穴うめ 

●05:民主主義、政党、選挙
板書  ・解説  ・穴うめ 

●06:国会
板書  ・解説  ・穴うめ 

●07:内閣
板書  ・解説  ・穴うめ 

●08:裁判所
板書  ・解説  ・穴うめ 

●09:三権分立
板書  ・解説  ・穴うめ 

●10:地方自治
板書  ・解説  ・穴うめ 

●11:経済主体、消費者の権利、流通
板書  ・解説  ・穴うめ 

●12:企業、株式会社、労働者の権利
板書  ・解説  ・穴うめ 

●13:需要と供給、独占、公共料金
板書  ・解説  ・穴うめ 

●14:金融、財政、税金
板書  ・解説  ・穴うめ 

●15:景気循環、景気対策(金融政策・財政政策)
板書  ・解説  ・穴うめ 

●16:社会保障制度、公害、環境保全
板書  ・解説  ・穴うめ 

●17:為替相場、国際経済、主権国家
板書  ・解説  ・穴うめ 

●18:国際連合、地域主義
板書  ・解説  ・穴うめ 

●19:環境問題、格差の拡大
板書  ・解説  ・穴うめ