· 

中学公民:需要と供給、独占、公共料金(ざっくり)

1.市場経済のしくみ

①市場と価格

市場:商品が売買される場

 

市場価格:市場で売買されている商品の価格

 ※需要供給の関係によって変化しながら決まる

 

②需要と供給による価格の変動 

・需要量>供給量 → 価格は上昇上がる

・需要量<供給量 → 価格は下落下がる

・需要量=供給量:均衡価格

 

③価格による需要・供給の変動

・価格が下がると…

 →需要は増加増える

 →供給は減少減る

 

・価格が上がると…

 →需要は減少減る

 →供給は増加増える

 

 

2.需要と供給で決まらない価格

独占価格

・1つまたは少数の企業が一方的に決める価格

・需要が少なくても価格が下がりにくい

(競争相手が少ないので、価格競争が起こりにくいため。「イヤなら買わなくていいよ」と強気に出られる)

 

独占1つまたは少数の企業が市場を支配している状態

寡占…少数の企業が市場を支配している状態

 

 

独占禁止法

・市場の健全な競争をうながし、消費者の不利益を防ぐための法律。

 →公正取引委員会がこの法律を運用し、市場を監視

 

 

公共料金

・国民生活に与える影響が大きいため、国や地方公共団体が価格を管理

・需要・供給に関係なく、適切な管理が設定される

 例)電気・ガス・水道料金、鉄道運賃・乗合バス運賃、郵便料金など