中学公民:裁判所(ざっくり)

1.裁判所の地位

・裁判所は三権のうち司法を担当する

 

 

2.裁判所の種類

最高裁判所

・国内最高の司法機関。1か所(東京都)

 

下級裁判所

・最高裁判所以外の裁判所。以下の4種類

 

高等裁判所:おもに第二審を扱う

地方裁判所:おもに第一審を扱う

家庭裁判所:家庭内の争いや少年事件を扱う)

簡易裁判所:軽い事件を扱う

 

 

3.裁判の種類

民事裁判

・個人間や企業間の争いを解決する裁判

原告…訴えをおこした側

被告…訴えをおこされた側

 

 

刑事裁判

・犯罪行為の有罪・無罪を判断する裁判

 

検察官が被疑者を起訴すると、被疑者は被告人とよばれるようになる

 ※被疑者(ひぎしゃ)…犯罪をしたと疑われている者

 

 

 

4.三審制

・同じ事件について3回まで裁判を受けられる制度

控訴上告

 


5.司法権の独立

・裁判官は自分の良心に従い、独立して公正に裁判を行うという原則。裁判官は憲法法律のみに拘束される

 

 

6.違憲審査制

・国会が制定した法律が憲法に違反していないかどうかを、裁判所が審査すること

最高裁判所憲法の番人とよばれる

 

 

7.裁判員制度

・有権者の中から くじ(抽選)で選ばれた国民が、裁判員として刑事裁判に参加

・殺人など重大な刑事事件が対象

・裁判官とともに被告人の有罪・無罪を判断有罪の場合は刑罰の内容も決める

第一審のみ参加

6人の裁判員と、3人の裁判官が担当する