· 

政治経済:社会契約説(概略)

Ⅰ.社会契約説の概略

3人の思想家と著書

ホッブズ:『リバイアサン

ロック:『市民政府二論統治二論)』

ルソー:『社会契約論

 

 

Ⅱ.社会契約説のまとめ

1)ホッブズ(英)

・主著:『リバイアサン

・自然状態:万人の万人に対する闘争状態 

 →人々は自然権を国家に譲渡し、その強大な権力に従うことを主張

・結果的に絶対王政を擁護

 

2)ロック(英)

・主著:『市民政府二論統治二論)』

・自然状態:人々は自然権として生命・自由・平等・財産権をもつが、不安定

 →自然権を確実に守るため、人々は自然権を国家に信託

間接民主制を主張

・統治者が自然権を侵害した場合、人民は抵抗権革命権)を行使できるとした

アメリカの独立にも影響 

 

3)ルソー(仏)

・主著:『社会契約論

・自然状態:自由・平等で平和な状態だが、私有財産の発生により不自由と不平等に支配されるようになった

 →自由・平等を取り戻すために人々は契約を結び共同体(国家)をつくる

・国家は人々の一般意志(共通意志)に従って運営される

人民主権に基づく直接民主制を理想とする

フランス革命にも影響