政治経済:平和主義(概略)

平和主義

1.戦後世界の大まかな流れ

⓪1945年

・終戦:第二次世界大戦の終結

 

①1990年頃まで

冷戦:米ソ両陣営の対立

 

②1990年代~

・地域紛争の増加

 

③2000年代~

・テロとの戦い

 

 

2.世界情勢と日本

①冷戦下

・1950年、朝鮮戦争が起こる

 

・1950年、警察予備隊の創設

 →1952年、保安隊の創設

 →1954年、自衛隊の創設

 

・1951年、日米安全保障条約

・1960年、新安保条約:日米安全保障条約の改定

 ※日米地位協定も締結

 

・1978年、日米防衛協力のための指針(旧)ガイドライン)を策定

・1978年~、思いやり予算:本来負担義務のない費用を日本が負担

 

②冷戦後

・1992年、PKO協力法国連平和維持活動協力法

 →自衛隊の海外派遣

 

・1997年、日米防衛協力のための指針新ガイドライン)策定

 

・2001年、アメリカ同時多発テロ

 →日本はテロ対策特別措置法を制定

・2003年、イラク戦争:アメリカがイラクを攻撃

 →日本はイラク復興支援特別措置法を制定

・2003年、有事関連3法 

・2004年、有事関連7法 

 

・2015年、安全保障関連法平和安全法制

 

 

3.日本の平和主義

文民統制シビリアン・コントロール

・軍の暴走を防ぐしくみ

・自衛隊の最高指揮権は内閣総理大臣にある

 

②非核三原則

核兵器を「もたず、つくらず、もち込ませず」

 

③自衛権

ⅰ.専守防衛

・日本は、相手からの攻撃を受けた場合に限り、必要最小限の自衛権の行使が可能

 

ⅱ.個別的自衛権

武力攻撃を受けた場合、自国を防衛するために必要な措置をとる権利

 

ⅲ.集団的自衛権

・自国と同盟・連帯関係にある他国(A国)が武力攻撃を受けた場合、

(日本は攻撃を受けていなくても)A国を守るために、

 A国と共同して防衛行動をとる権利

 

・2014年、日本は閣議で集団的自衛権の限定的な行使を可能に